Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about personal branding.

Pressmaster / shutterstock.com

上司と素晴らしい関係を保つことは、仕事での成功と幸福に不可欠だ。それでも、私が話す人の多くは、上司とのつながりをもっと強固にしたいと語る。以下に、上司とポジティブで相互に利益のある関係を築くための5つのヒントを紹介しよう。

1. 上司に共感する

上司は時にあなたをイライラさせたり、悩ませたりするかもしれない。しかし、上司の立場になって考えよう。上司もその上の上司からのプレッシャーを受けており、嫌がる人が出ることを承知の上で難しい決断を下さなければいけない。

もしあなたが職場でプレッシャーを感じているなら、上司はそれ以上に感じているかもしれない。違ったレンズを通して上司の行動を見て、上司の行動を自分への個人攻撃として受け止めず、常に善意があると思おう。

2. 上司を立てる

上司が輝けるよう手助けすることを、自分の優先事項にしよう。自分にファンができることは、誰だって嬉しいものだ。自分のインスタグラム写真の「いいね」が増えた時や、自分のユーチューブ動画がシェアされた時の充足感を考えてみよう。

上司の仕事ぶりを周囲に示すために、自分にできることを見つけること。上司が自分の成果として周囲に知らしめたいような最重要プロジェクトは何かを学び、その分野で上司が収めた成果について折に触れて宣伝する。上司のキャリア目標を知り、上司のスキルを売り込む手助けをして、目標達成を支援しよう。

3. チームのブランド大使になる

どの上司も、自分のチームに対する周囲の評価を上げたいと思っている。相手が経営幹部であればなおさらだ。自らチームのヘッドチアリーダーとなることで、上司がチームの素晴らしい仕事ぶりや自分の素晴らしいリーダーシップについて周囲に伝える手助けができる。自分の役割だけにとらわれず、今チームで何が起きているのかを知り、チャンスがあればチームの功績と進捗を広くシェアできるようにしておこう。

上司とチームの素晴らしい働きを周囲に広めることに加え、新たなチームメンバーが周囲に追いつけるよう助けることもヘッドチアリーダーの役割だ。新メンバーが力を発揮し成功できるよう、時間を割いて手助けしよう。相手があなたの直属の部下でなくても構わない。

新メンバーの生産性向上を支援すれば、あなたが最低限の役割以上のものに注意を向けていることが示せる。上司は、向上した生産性とあなたのサポートに感謝するだろう。特にあなたの努力が通常の業務範囲を超えたものであれば、なおさらだ。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい