Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

昨年の受賞者、サイバーセキュリティ企業・トリリウム代表取締役のデイビッド・M・ユーゼ。「Forbes JAPAN 起業家ランキング 2017」の表彰式でプレゼンテーションを行った。

「Forbes JAPAN」では本日から「RISING STAR」アワードの一般投票を開始します。創業3年以内のスタートアップを表彰する取り組みの審査の一環として、皆様の「一票」を広く募集しています。

「RISING STAR」アワードは、「Forbes JAPAN」が毎年発表している「日本の起業家ランキング」(昨年の受賞者はこちら)の連動企画。世界的ユニコーン企業の誕生を期待して、次世代スター・スタートアップを、多くの皆様とともに決めたいという思いからはじめています。

「RISING STAR」アワードでは、創業3年以内を応募条件に、高い志と理念を持つスタートアップを募集。一次選考を通過した25社について、一般投票を行います。9月29日(金)までの一般投票を経て、獲得投票数上位企業を対象に、編集部による厳選審査、そして評価委員メンバーへのプレゼンテーションを経て、上位3社を決定します。

昨年に引き続き、「RISING STAR」アワードを勝ち残った受賞者をForbes JAPAN本誌「起業家ランキング特集号(11/25発売)」にて紹介します。また受賞企業には、12月1日に開催する「Forbes JAPAN起業家ランキング」の表彰式でプレゼンテーションを行っていただきます。

選考資料には、25社の(1)起業家の「志、理念」、(2)ビジネスの「革新性」、(3)「起業家と経営チーム」、(4)後押しする推薦者のコメントを掲載しています。

一般投票の期限は9月29日(金)。1人1回、複数企業への投票が可能となっております。

高い「志」と実現したい「ビジョン」を持った起業家を「Forbes JAPAN」とともに応援したい人はぜひ、ご投票ください。

※「RISING STAR」アワードの一般投票の受付は終了致しました。多数の投票をいただき誠にありがとうございました。

編集 = Forbes JAPAN 編集部

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい