Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

マセラティ レヴァンテSUV(写真=マセラティ)

イタリアの高級車ブランド、マセラティの100余年の歴史の中で、レヴァンテSUVはもっとも重要なモデルだ。

なぜかって? その理由は、マセラティにとってまったく新しいセグメントへの進出だったが、そのおかげであの三本槍のバッヂのついたクルマの販売台数が全世界で、特に中国とアメリカで一挙に倍増したからだ。これだけで、驚きに値する。

実際、レヴァンテには驚かされることがいくつもある。マセラティがSUVを作ろうとは誰も予想していなかったのに、発売されるや、誰も予想できないくらい好調なのだ。そして、これまた予想しえなかったことに、このSUVのできは素晴らしいのだ。

今やSUV市場は熱い闘いの場だ。レンジローバーが支配するセグメントではあるが、ポルシェ・カイエンは独自のニッチマーケットを見つけ、SUVの定義を変えたと言えるだろう。続いて登場したのは、なんとベントレーのベンテイガ。さらに来年はランボルギーニ・ウルスが、そして2019年にはアストン・マーティンDBXが乗り込んでくる。

ますます闘いが激しくなるこの決闘場で生き残るには、レヴァンテもそれなりの強さを持っていなくてはならない。レンジローバーが完璧なアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダムだとすれば、レヴァンテはジェイソン・ステイサムだろうか。ユニークな個性を持ち、行く手を阻むどんな敵でもモノともしない闘争力を備えている。

では、レヴァンテのユニークな個性とは何か? もちろん、まずはそのスタイリングだ。美しいというより、レヴァンテの外観はアグレッシブで、スポーティでエッジが効いている。ヘッドライトやグリル、そしてバッヂはまさにマセラティの伝統をかかげるご印籠だ。また、座りが低くてSUVというよりハッチバックかと思わされる。



ギブリと同様のプラットフォームを採用しているので、ホイールベースは長く、後部席の足元もゆったりだ。前後の重量配分は完璧に50対50。そして、秘密兵器はAWDシステムだ。2つのオフロード・モードと5段階エアサスペンションを備え、地上高を上げればオフロードに、そして低めは高速ドライビングとコーナリングに合わせてある。

今回僕は、オフロードでの試乗はできなかったが、それでも姿勢を崩さずにぴったりと安定したコーナリングは、このセグメントで最良とされるライバルに勝るとも劣らないことは明言できる。僕がレヴァンテで特に気に入ったのは、電動ではなく、油圧式パワーステアリングだ。これが適度な重さと手応えを生じて、ステアリングフィールも自然だ。

文=ピーター・ライオン

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE