Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Data journalist covering technological, societal and media topics

Yuriy Maksymiv / shutterstock.com

米国の成人は現在、およそ3人に1人が肥満だ。さらに、子供は6人に1人が肥満だという。米国保健信託(TFAH)とロバート・ウッド・ジョンソン財団が8月31日公表した最新の報告で明らかになった。

TFAHと同財団によると、成人の 肥満率が25%を超える州は2000年にはゼロだった。だが、その割合は2016年には5つの州で35%を超え、25州で30%、46州で25%を超えた。

ただ、肥満率が低下に転じた地域もあり、増加傾向には歯止めがかかり始めたともいえる。そうした州では行政が取り組みを強化しており、政策によって健康的な食品を購入しやすくしたり、運動を奨励したりしている。また、肥満の予防には成長後に問題を解決しようとするよりも、幼少期の教育に力を入れる方が効果的だと指摘されている。

米国の州のうち、2016年の時点で最も肥満の成人の割合が高かったのは、ウェストバージニア州。次いでミシシッピ州だった。そのほか肥満率で上位に入った各州は、以下のとおりとなっている。

1位: ウェストバージニア州/ 37.7%
2位: ミシシッピ州/37.3%
3位: アラバマ州/ 35.7%
4位: アーカンソー州/ 35.7%
5位: ルイジアナ州/ 35.5%
6位: テネシー州/ 34.8%
7位: ケンタッキー州/ 34.2%
8位: テキサス州/ 33.7%
9位: オクラホマ州/ 32.8%
10位: インディアナ州/ 32.5%

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい