Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Data journalist covering technological, societal and media topics

(Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

世界中の人々が今では多くの時間をスマートフォンの画面を見ながら過ごし、タブレットやラップトップの利用にかける時間も多い。インターネットのない暮らしはもはや想像し難いものになった。

ミレニアル世代の多くにとって、ウェブが登場する以前の世界は遠い記憶の彼方に存在している。場所や時間を問わずネットにつながった世界が現代では当り前になった。しかし、それはミレニアルに限った話ではない。

最新の調査で、世界中の人々がEメールやソーシャルメディアが存在しない世界を、想像し難いと感じていることが明らかになった。市場調査会社イプソス(Ipsos)は世界23カ国の1万8180名を対象に調査を行い、3分の2以上の人々が「インターネットなしの暮らしは想像できない」と考えていることを明らかにした。

その数字は米国が73%に及んでおり、トップのインドでは82%に達していた。一方でイタリアや日本ではその数値は62%にとどまっていた。

下記にイプソスが公開した「ネットなしでは生きられない」と考える人々の割合を、上位10カ国のランキング形式で掲載する。

1. インド(82%)
2. 英国(78%)
3. 中国(77%)
4. ドイツ(73%)
5. 米国(73%)
6. ロシア(66%)
7. スペイン(65%)
8. フランス(64%)
9. イタリア(62%)
10. 日本(62%)

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい