Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

アマンシオ・オルテガ(Photo by Xurxo Lobato / Getty Images)

8月29日午後、スペインの実業家のアマンシオ・オルテガの資産額が、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツを抜いて世界トップの富豪となった。しかし、その差はわずか数百万ドルで、オルテガが首位の座を守ったのは数時間の間だった。

当日の16時30分にオルテガの資産額はゲイツを1億ドル下回り、世界2位になった。フォーブスのリアルタイム・ビリオネア・ランキング上の数値でオルテガの資産額は848億ドル(約9.3兆円)となった。

オルテガとゲイツは29日、世界一の富豪の座をめぐりデッドヒートを演じた形だ。午後2時時点では、ゲイツの資産額が847億2200万ドル、オルテガの資産額は847億2000万ドルとほぼ拮抗していた。

しかし、その30分後の午後2時30分にゲイツの資産額は700万ドル減少し、オルテガが世界一の富豪となっていた。

ゲイツはフォーブスが毎年春に発表する世界の富豪ランキングにおいて、過去23年のうち18回、世界一の富豪に選ばれている。しかし、リアルタイム・ランキング上ではゲイツは、過去2年間で3回、他の人物に世界一の座を奪われた。そのうち2回はオルテガで、もう1回はアマゾンのジェフ・ベゾスだった。8月29日にオルテガはわずか数時間の間ではあるが、さらにもう1回、ゲイツから首位の座を奪うこととなった。

アパレルチェーンZARAの運営元のインディテックス創業者のオルテガの資産額は、2015年10月に初めてゲイツを上回ったが、首位に立ったのは一日足らずの間だった。当時、オルテガの資産額は800億ドルだった。その約1年後の2016年9月には2日間、オルテガは世界一の富豪となっていた。

今年7月のアマゾンの四半期決算を控えた午前中には、ジェフ・ベゾスの資産額が900億ドルを突破し、彼が世界一の富豪となった。しかし、決算発表後にアマゾンの株価は急落。ベゾスの世界一の座はわずか数時間で終わった。ジェフ・ベゾスの資産額は現在814億ドル(約8.9兆円)で、世界3位の富豪となっている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい