Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

金融市場に関する記事を中心に執筆

totojang1977 / Shutterstock.com

サンフランシスコ本拠のフィンテック企業「AutoFi」が1000万ドル(約10.8億円)を調達した。8月24日、AutoFiはCrosslink Capitalやフォード・モーター・クレジット、Lerer Hippeau VenturesからシリーズA資金調達を実施したと発表した。

AutoFiは自動車業界に特化したフィンテック企業。自動車ディーラーは従来よりも素早く、顧客に自動車ローンを提供可能になる。AutoFiは先日、フォードの金融部門であるフォード・モーター・クレジットと提携し、既に一部のフォードやリンカーンのディーラーで利用可能になっている。

AutoFiは今回の調達資金を事業拡大に注ぎ、新たな自動車メーカーとの提携も目指している。さらに、カナダでの事業展開も進めていく。

「クルマを購入するにあたり、消費者が最も不満を抱いているのが自動車ローンの仕組みだ。当社の仕組みは従来よりも透明性の高いプロセスを顧客に提供する」とAutoFiのCEOのKevin Singermanは述べた。

AutoFiのテクノロジーは顧客に購入資金の貸し手のリストを公開し、ウェブサイトやアプリから選択させるもので、融資の決定はわずか数分で完了する。「従来の自動車ローンの場合、面倒な書類の記入に数時間がかかるが、その手間や時間が劇的に軽減される」とSingermanは言う。

AutoFiは自動車メーカーと金融機関の仲介者となり、これまでに無かった合理的なソリューションを提供する。ディーラーはより多くの時間を顧客サービスに注ぐことが可能となり、金融機関はリーチできる顧客を増やすことにつながる。

Singermanは「当社の仕組みはディーラー側にとって非常にメリットの大きいサービスだ。自動車の販売にあたっての課題を解決し、ビジネスを活性化させる」と述べた。

2015年設立のAutoFiはカナダで200ヶ所の自動車ディーラーを運営するTricor Automotive Groupと提携し、2018年からカナダでのオペレーションを開始する。

「創業間もないスタートアップとしては、異例の事業拡大を行うことができた。カナダの自動車マーケットは米国と似た部分が多く、今回のディールで巨大な足がかりを得ることができた」とSingermanは述べた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE