Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

メディアとエンターテイメント担当

Photo by Taylor Hill/FilmMagic / Gettyimages

「ハリーポッター」シリーズで世に出た若手俳優の多くがその後のキャリア形成に苦戦している中、ハーマイオニー・グレンジャー役を演じたエマ・ワトソンは上り調子だ。

現在27歳のワトソンは、今年初めてフォーブスの「世界で最も稼ぐ女優」ベスト10にランクイン。エイミー・アダムス、ケイト・ブランシェットなどのベテラン勢を抜き、シャーリーズ・セロンと同額で6位に輝いた。

ワトソンの2016年6月から1年間の収入は、推計1400万ドル(約15億円)。その大半を、主演したディズニーの実写版「美女と野獣」と、トム・ハンクスと共演したSFスリラー「ザ・サークル」(日本公開11月10日)の出演料が占める。

「ザ・サークル」の米国内興行収入は2050万ドル(約22億円)と振るわなかったものの、「美女と野獣」は米国内で5億400万ドル(約550億円)、全世界で12億6200万ドル(約1378億円)を稼ぎ出し、現時点で今年最大のヒットを記録した。後者の額はシリーズ最終作を除いた「ハリーポッター」の1作あたりの興行収入を上回る。

調査会社コムスコアのメディアアナリスト、ポール・ダーガラベディアンは、ワトソンの人気の理由を次のように話す。「『ハリーポッター』で育った世代にとって、エマ・ワトソンはスクリーンに登場した瞬間に安心感が得られる存在です。それはハーマイオニー・グレンジャー役ではなくベル役を演じている時も変わりません。『美女と野獣』は他の女優でも作ることができたはずですが、あのような魔法は起きなかったでしょう」

「美女と野獣」のヒロイン、ベルはワトソンにぴったりの役だった。ベルは作中で本の虫として描かれているが、ワトソン自身も月に一度、オンライン上のブッククラブ「Our Shared Shelf」を開催している。ワトソンはまた、CNNの取材に対し「どの歌もそらで覚えていたから、(映画のために)歌詞をわざわざ暗記する必要はなかった」と語っていた。

前払いのギャラが3億円

国連ウィメンの親善大使も務めるワトソンにとって、「美女と野獣」は2014年の「ノア 約束の舟」以来のハリウッド大作への出演である。1億2500万ドル(約136億円)をかけて製作された「ノア 約束の舟」の全世界興行収入は3億6260万ドル(約396億円)。「美女と野獣」の製作費は1億6000万ドル(約175億円)だ。

業界関係者によると、ワトソンはディズニーから出演料の前払い金として300万ドル(約3億3000万円)を受け取った後、大ヒットを受けてさらに数百万ドルを支払われているという。なお、フォーブスが前回ワトソンの収入を推算した2007年、その額は400万ドル(約4億4000万円)だった。

ワトソンは英メトロの「美女と野獣」に関するインタビューで「撮影最終日は、私がハーマイオニーに採用された記念日でした。そのことに気づいた時、何かが一巡りしたような不思議な感覚に襲われました」と語っている。

今回のフォーブスの「最も稼ぐ女優ランキング」は、2016年6月1月から1年間の収入を、ニールセン、コムスコア、ボックス・オフィス・モジョ、IMDBのデータや業界関係者へのインタビューをもとに推計したもの。上位10人の年収総額は1億7250万ドル(約188億円)だった。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい