Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover career and personal growth, leadership and women's issues.

l i g h t p o e t / shutterstock.com

自分と他人を比べることが私たちにどのような影響を及ぼすか、働く女性たちがより幸福で満たされた人生とキャリアを築くための支援をしてきた筆者はよく知っている。自分自身も数えきれないほど何度も、他人と自分を比較してきたからだ。

最も重要なことは、他人の成功がやる気を起こすきっかけになった場合と、容赦なく自分を叩きのめすきかっけになってしまった場合には、どれほど大きな違いがあるかという点を理解しておくことだ。

比べることで自分に価値がない、自信がない、と考えてしまうなら、比較をやめるか、比べるということに対する態度を変えるべきだ。

比べずにいられない人たち

比較することに取り付かれている多くの人たちは、文字通り毎週何時間も、フェイスブックなどのソーシャルメディアで誰かが作り上げたものや成し遂げことをチェックしている。そして、気分を害し、落ち込んでいる。

こうしたタイプの比較は、私たちを次のような否定的で破壊的な考えに導く。

・私にはともに素晴らしい時を経験できるような良い友人たちがいない
・私は人から愛されるほど金持ちでもなければ美しくもないし、才能もなく、十分な教育も受けていないし、痩せてもいない(理由は他にもいくらでも挙げられる)
・私の子供たちは、期待したほどの成功を収めていない
・私と子供たちにある障害または困難は、恥ずべきものだ
・私は価値あることを何一つ成し遂げていない
・私は本当に孤独だ

私たちはフェイスブックなどのソーシャルメディアに、真実の経験ではなく「最もサニタイズされ(隠したい情報が全て取り除かれた)、実際より良く見せるような、人から称賛されそうな」生活の一部だけを公開している。それを忘れずれにいることが重要だ(実際には、多くの人がこの点を忘れている)。

人の本当の生活がどのようなものか、その人たちがどのような問題を抱え、ひそかに何と戦っているか、実際のところは誰にも分からない。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい