Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

湘南T-SITE ● 藤沢・辻堂元町12.12 OPEN
敷地面積約14,000m²、延床面積7,000m²超に施設が展開する湘南T-SITE。
全体のデザインは代官山と同様、クライン ダイサム アーキテクツが手がけている。なお郊外型ゆえ、駐車場、駐輪場はそれぞれ200台超を完備。




書店を軸に世界が広がる 新感覚の文化複合施設
「書店」を中心とした、新たな生活提案型商業施設を確立させた代官山の「T-SITE」。そこから3年、その第2弾がスケールアップして湘南・藤沢に誕生。ほかに類をみない新機軸のモールを訪ねてみた。

 神奈川県藤沢市で絶賛開発中の「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」。エコで快適な住宅が続々建設中のこの未来の街の中心的商業施設が、「湘南T-SITE」だ。

 「代官山T-SITE」をご存じならおわかりだろうが、ここも基本コンセプトはほぼ同様。約1,000m²の巨大な「蔦屋書店」を中心に、さまざまなショップと有機的な文脈でつながりライフスタイル提案をしていく独自性の高い文化複合施設となっているもちろんその内容は進化しており、施設全体を120mにわたって貫く書店を中心軸に、左右奥へ進むと本に関連するショップにシームレスにつながるフロアデザインは、まさに新機軸と呼べるものだ。またいずれも個性的なショップの数は32と代官山の3倍強、スケールも大幅に拡大している。

 1〜3号館にはそれぞれテーマが設けられており、特に「スローフード&スローライフ」の2号館、「子どもと過ごす豊かな時間」の3号館、そしてクルマを中心にライフスタイルを提案する「CAR LIFE LAB」という構成は、郊外の湘南地域ならではのユニークネスを感じさせる。

 加えて、なんと年間1,000本(!)ものイベントやワークショップの開催が予定されているという。ここでしか得られない特別な体験を求めて、赴いてみるのも一興だ。

湘南T-SITE
●神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1
☎0466-31-1515
営8:00〜24:00 無休 (※店舗で 営業時間・定休日は異なります)
real.tsite.jp/shonan/

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい