Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the innovations affecting the world of work.

マン島(Photo by Dan Kitwood/Getty Images)

欧米諸国の大半では「クラスター」と呼ばれる地域が経済政策の重要な一端を担っている。クラスターとは、特定産業のスタートアップ育成に適した環境を整備した地域のことで、こうした地域を設定することでその産業の規模拡大につなげることが狙いだ。

数年前に国際会計事務所KPMGが発表した報告書では、英国の主要クラスターは経済が栄える南西部に集中している事実が判明した。こうした一極集中状態の緩和に取り組む地域の一つに、マン島がある。

アイルランド海に浮かぶ人口8万5千人のマン島は、従来からの金融分野での成功と、最近のインターネット賭博分野での成功を基盤に、多くのハイテク産業クラスターの開発と島経済の多様化を試みている。

テック系エコシステムの構築

マン島政府の経済開発局は昨年、5千万ポンド(約70億円)を投じる企業開発計画を立ち上げたほか、地元企業に計450万ポンド(約6億3000万円)以上を投資した。この取り組みの注力分野は次の通りだ。

・通信

地元通信企業のマンクス・テレコム(Manx Telecom)は2016年、新技術の開発を支援するインキュベーター(起業支援事業)のバニン・ベンチャーズ(Vannin Ventures)を設立。同社幹部らに先日話を聞いたところ、マン島のコミュニティーは比較的小規模で独立しており、新たな手法や技術を試すのに完璧なのだという。

・メディア

アイル・オブ・メディア(Isle of Media)は、島の放送・デジタルメディア経済支援のため設立された官民協働事業だ。マン島に拠点を構えるメディア企業は、政府支援のメディア資金を活用できる。また、島ではメディアベンチャーのためのクラウドファンディング(ネットを通じた小口資金調達)プラットフォーム構築を進めている。

・医療技術

マン島ではマンクス・バイオメッド・クラスター(Manx BioMed Cluster)を通し、新興バイオ技術産業の拡大を試みている。

同クラスターには現在、機器メーカーをはじめ、コンプライアンス(法令順守)やデータ収集を扱う企業など、さまざまな業種の11社が所属。4年前に形成されてから、前年比で約13%の成長を達成してきた。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE