世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

ドン ペリニヨン P2-2000(左)と、グレンモーレンジィ オリジナル(右)

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」──若山牧水。すでに暦の上では初秋のいま、酒がよりおいしく感じられる季節となった。この秋おすすめの美酒を5つのキーワードで読解、ご紹介する。

古来、酒は修道院や貴族など限定された富裕な人々によってつくられ、またそのつくり方は門外不出の秘伝とされてきた。つまり酒は、その国の、その時代における最高の知恵や技術がそこに結晶され、いまに伝えられている人類の叡智ともいえるだろう。さすがに現代は多くの情報がオープンになっており、また醸造や蒸留のプロセスは科学ですっかり解明されている。

しかし、そんな時代だからこそ、つくり手の思いや、意外にも思える製法、歴史など、そのディテールを知ればなおうまさは増して......グラスを干すピッチがますます上がりそうだ。知らないもの・わからないものに憧憬を抱いていた過去とは異なり、現代は酒も知識や情報で味わいを増す時代となった。

ここではシャンパーニュとスコッチ・ウイスキーという本誌読者の大好物より、いま特におすすめの2本を5つのキーワードで読解、ご紹介する。読んでうまい、飲んでなおうまい秋の美酒をご堪能あれ。

時に磨かれた至高の境地
DOM PÉRIGNON P2-2000 ドン ペリニヨン P2-2000


1 . 豊かなテロワールと歴史
言わずと知れたシャンパーニュの祖である修道僧ドン・ピエール・ペリニヨンによってつくり出されたドン ペリニヨン。テロワール(土壌や気候など複合的な環境の意味)はワインの味わいの根幹を成すといわれるが、シャンパーニュ地方の石灰岩土壌や昼夜の寒暖差、また降雨量の少なさがドン ペリニヨンのしなやかにしてタフな骨格をつくり上げている。

2 . シャルドネとピノ・ノワール
原則的にシャンパーニュはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3種のブドウしか使わない。が、ドン ペリニヨンが使用するのはシャルドネとピノ・ノワールのみ。それもグラン・クリュ(特級畑)で栽培されたブドウから最も品質のよいものだけが厳選され、アッサンブラージュ(ブレンド)される。シャルドネの繊細さと優美さ、ピノ・ノワールによる骨格と奥行きがまさに完璧なバランスでマリアージュされるというわけだ。

3 . すべてがヴィンテージ
一般のシャンパーニュにはノン・ヴィンテージ(NV=生産年を特定しない)があるが、ドン ペリニヨンはすべてがヴィンテージ。言い換えれば、優れたブドウが収穫され素晴らしいワインがつくれたときのみ生産され、その単一年のワインしか使用しないシャンパーニュがドン ペリニヨンである。

4 . 時が作用するプレニチュードという魔法
ドン ペリニヨンはボトリングされた後もゆっくりと進化を続け、セラーで8年間の熟成を経た後、最初の熟成のピーク(プレニチュード)に達する。すなわちP2とは2度目のプレニチュードの意味であり、セラーで熟成されること少なくとも16年!全部で3回のプレニチュードを迎えるドン ペリニヨンとはつまり、時間によって磨かれ、進化を遂げる奇跡のシャンパーニュなのである。

5 . マニフェスト
これらの事項はすべてドン ペリニヨンのマニフェストに記されている。声明文と訳されることの多いマニフェストだが、ドン ペリニヨンのそれはいわば創造哲学。醸造最高責任者リシャール・ジェフロワ氏によって、決定され、徹底されるドン ペリニヨンの指針となっている。

1

DOM PÉRIGNON P2-2000
計16年におよぶ熟成の結果、ワインがより高く、より強く進化し、そのエネルギーが最高潮に達した1本。間違いなくシャンパーニュの最高峰といえるだろう。参考小売価格53,000円(税別)/販売は主要百貨店にて。


「完璧すぎる」ウイスキー
Glenmorangie Original グレンモーレンジィ オリジナル


1 . スコットランドでユニークな蒸留法
1843年にハイランド地方テインで創設された蒸留所。ミネラル分豊かなターロギーの泉の湧水(硬水)とスコットランド産の大麦麦芽のみを用いて、スコットランドで最も背の高いポットスティルでピュアな蒸気だけを抽出。このポットスティルは、きりんほども首が長い銅製のロングネック部分とアルコール蒸気の接触が長いことで、フルーティでフローラルな特徴が一層際立つ。

2 . デザイナーカスク
「この山の、この斜面で、この木」と年輪の数にまでこだわって厳選されたアメリカンホワイトオークでつくられた樽。新樽はバーボンメーカーに貸し出し、複雑味のある香りを醸すようになった樽を2回だけ使用するという贅沢なこだわり。この原木の調達からこだわった樽がヴァニラなどあたたかみのあるアロマを与えている。

3. 140種以上のアロマ
SWRI(スコッチ・ウィスキー研究所)とグレンモーレンジィが共同で実施した科学的調査からは、なんとグレンモーレンジィ オリジナルのなかに140種ものアロマが発見された。シトラスや熟れたピーチ、そしてヴァニラのタッチや花の香り......あなたはいくつキャッチできるだろうか?

4 . チョコレートモルト
世界で初めて深煎りした麦芽(通称チョコレートモルト)を使用したウイスキー「シグネット」を生み出すなど、創造性とパイオニア精神に富んだラインナップは他の追随を許さない。ほかにも上質なオロロソとペドロヒメネス(ともにシェリー)の樽で後熟させた「グレンモーレンジィ ラサンタ12年」などそのバリエーションは豊かだ。

5 . 世界からの賞賛
2017年のインターナショナル・ウイスキー・コンペティションではグレンモーレンジィ シグネットがウイスキー・オブ・ザ・イヤーを獲得!グレンモーレンジィ オリジナルは「ウィスキー・バイブル」誌で常に94点以上を獲得するなど専門家からも評価は高い。2012年からは全英オープンゴルフ公式ウイスキーに選ばれているが、両者の共通点は150年もの歴史と世界にファンがいるということだけではなく、常に「完璧すぎる」レベルを目指すことにある。

2

GLENMORANGIE Original
柑橘の香りが爽やかなグレンモーレンジィ オリジナル。その魅惑に満ちた繊細さと複雑な味わいは世界のモルト愛飲家に広く知られている。参考小売価格5,300円(税別)/販売は主要百貨店、および主要酒販店で。

Promoted by MHD モエ ヘネシー ディアジオ 文・編集=秋山 都

あなたにおすすめ

合わせて読みたい