Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

spkphotostock / shutterstock.com

頭部に装着するだけで何の努力もせずにダイエットが出来る、夢のようなデバイスが開発された。「Modius」と呼ばれるヘッドセット型のこの製品を毎日45分間装着すると、体脂肪を減少させ、減量効果が得られるという。

Modiusはクラウドファンディングサイトの「IndieGoGo」に出品され、8月12日時点で既に72万ドル(約7800万円)以上を調達している。プラスティック製のこの製品は、頭頂骨の乳突角(耳の上にあるエリア)に刺激をもたらす。

Modiusは脳の前庭神経に電気的信号を送り、刺激を与える。視床下部に伝わった刺激が代謝のコントロールに変化をもたらし、減量につながるというのがそのメカニズムだ。開発元のNeurovalenのCEOを務めるのは神経科学者のJason McKeown博士だ。

McKeown博士によると体重の増減は食欲やホルモン、代謝率をコントロールする脳機能のコントロール下にあり、どの程度の脂肪量が適切かを脳が決定しているという。Modiusは前庭神経に刺激を与え、脂肪を減少させる命令を発生させる。「神経学的な研究結果から、我々は前庭器官が人々の体重のコントロールに強い影響を持つことを発見した」と博士は述べている。

前庭器官の研究は神経学の長年の課題だった。Neurovalensの公式サイトによると、Modiusは前庭器官に低電力の刺激を与え、脳に脂肪量を低減させるように働きかける。それと同時に食欲を低下させ、代謝率の促進を促すという。

McKeown博士は次のように述べる。「Modiusを毎日45分間、装着することで代謝率を変化させ、体脂肪を減少させる。この製品は安全なものであり、数百万人の人々をダイエットの悩みから解放する。減量につきものの飢餓感を与えずに、誰でもダイエットが可能になる」

価格は約450ドルから

Neurovalensはこの製品を複数の被験者に16週間にわたり使用してもらい、食生活や運動量を変化させずに、2%から16%の脂肪を減少させることに成功したという。IndieGoGoのキャンペーンページにはMcKeown博士自身の使用前・使用後の写真が掲載されており、博士は割れた腹筋を誇らしげにアピールしている。

筆者自身も2日間にわたりこのデバイスを装着してみたが、装着感に不満は無い。ただし、体重が落ちたかどうかについては、もう少し時間が経ってからリポートしてみたい。Modiusの装着にあたっては、座った姿勢もしくは横になった姿勢が推奨されている。個人的には、このデバイスを頭につけて人前に出ることは避けたいと思う。

Modiusが頭部に与える電気刺激は痛みを感じるほどではないが、たしかに刺激が伝わっていることは感じられる(特にレベル3以上の刺激は強く感じられる)。1時間も装着していると、もう十分だという気持ちにさせられる。専用のアプリも用意されており、最大でレベル10まで刺激を強めることが可能だ。

Modiusは今回のキャンペーン終了後、9月には製品を出荷可能としている。価格は449ドルから。興味のある方は下記のURLから詳細をチェックしてみてほしい。

MODIUS: Groundbreaking Fat Reduction Technology
https://www.indiegogo.com/projects/modius-groundbreaking-fat-reduction-technology-fitness-health#/

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE