Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about career topics, helping people maximize their potential.

GaudiLab / shutterstock.com

遠隔勤務をしており上司に頻繁に会わない(または上司があまり社内にいない)状況だと、上司と良い関係を築き、自分の価値を示すことが難しい場合がある。ではどうすれば上司から信頼と尊重を得ることができ、遠隔勤務する上で最善の関係を築くことができるだろうか?

以下に、自分の貢献が上司に見えるようにするための6つの方法を紹介する。

1. 「どのような働き方が最善か」を聞く

自分の上司のリーダーシップスタイル、上司が好む働き方、コミュニケーション方法を学び、それに自分を合わせよう。上司はどのような関わり方を好むか? 報告の頻度は毎週か、隔週か、それとも毎月か? 詳細な報告書か、要点だけをまとめた簡単なメールか? コミュニケーションの形式を上司の好みに合わせよう。

2. 目標と計画について共通理解を持つ

上司とテレビ会議や電話会議(または対面での会議)をし、次の数四半期の自分のゴール、目標、任されているプロジェクトについてしっかり理解しているかを確かめ、上司も同じ理解であることを確認しよう。

3. プロジェクトリストを作成する

このリストは主要プロジェクトや課題の進捗状況把握に使用する。計画やタスクの名称、説明、タイムライン、実施タイミング、進捗などを含んだ簡単な表でよい。こうした表を使うことで、自分が今取り組んでいることや会社への貢献を上司に示しやすくなる。

4. 定期的に連絡する

上司から「見えない」状態になり忘れられてしまうことを防ぐために、定期的に連絡を取って進捗を伝え、会社への貢献を強調し、自分の行いが部門全体の目標に沿っていることを確認する。連絡は上司が好むコミュニケーションスタイルで行おう。

5. 評価基準を理解する

自分が成功を収めたかどうかを、上司がどのように判断するのか知ろう。これは定期的な進捗報告の機会を設けるべき理由でもある。自分が取り組んでいることを上司に伝え、上司のフィードバックをもらう機会となる。自分の業績について年間を通して上司と話していれば、評価結果に驚くこともないだろう。

6. 上司の目標を理解しよう

上司が何を優先し重要な目標としているのかを知り、自分がどう力になれるかを考えること。有用で協力的なチームプレーヤーとなろう。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい