Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

AI情報プラットフォーム「AI Open Innovation Lab」

Photo by iStock

「AI(人工知能)が医療の現場を変える」「AIによってなくなる職業がある」など、なにかと話題のAI。しかしSF映画のような近未来の話ではなく、いまビジネスの現場においてAIはどんなメリットをもたらしてくれるのだろうか。

AIによって売上増が見込めるのであれば、ぜひ自社にもAIを導入したいという企業は多いはず。そこで今回は特に「通販ビジネス」ジャンルを絞り、AI活用が進んでいる海外の現場で、どのようにAIを活用しているのかを事例をもとにご紹介したい。

1. ビジュアル検索

ユーザーの商品検索体験は、これまで商品名や型番、また商品カテゴリや値段などが一般的であった。しかしAIによって実現できる商品検索体験に、ビジュアル検索がある。

ECサイト大手の「アマゾン」は、すでにビジュアル検索を導入している。アマゾンショッピングアプリでは、ユーザーが自身のスマートフォンのカメラで撮影した写真から商品を探すことが可能。型番などを調べるのが面倒な電池や洗剤といった消耗品も、ビジュアル検索機能を使えば「同じ商品をもう一度購入したい」といったときにとても便利だ。

またECサイトへの集客効果の高い画像SNS「ピンタレスト」でも、 ”Visually similar results” という機能をリリースしており、類似商品の検索が可能になっている。

ここ数年で「Clarifai」などのビジュアル検索のためのAPIも出てきており、ビジュアル検索導入のハードルは下がってきた。今後、商品数の多いモール型ECでは特に、AIによるビジュアル検索が一般的になってくるだろう。

2. 会話型コマース

AI領域において、いま最も注目を集めているのがチャットボットではないだろうか。チャットボットとは、「フェイスブック メッセンジャー」や「LINE」のようなUIでユーザーと自動対話をするプログラムのことで、AIによってより高度な会話が実現可能となる。

スマートフォンの普及、そしてメッセンジャーでのコミュニケーションが一般的となったいま、ユーザーが1日のなかで一番時間を費やすメッセンジャー内で企業サービスの接触機会を増やそうと、様々な企業がチャットボット活用に乗り出している。

たとえば「UNIQLO IQ」はユニクロが提供するーチャットボットだ。フェイスブック メッセンジャーでUNIQLO IQと会話をすることで、ユーザーに合う服を提案してくれる。絵文字もサポートしており、ランニングしている絵文字を送ればランニングウェアを提案と、新しい購入体験だろう。

文=永田優介

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい