PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ハードウェア及び半導体メーカーについて執筆

「Clarifai」創業者のマシュー・ズィーラー(Photo by Mike Coppola / gettyimages)

2013年の夏、マシュー・ズィーラー(Matthew Zeiler)はニューヨーク大学で人工知能の博士課程を修了しようとしていた。就職を控えたズィーラーは大手テック企業から引く手あまただった。グーグルのAI部門でのインターンを終えて数週間後、ハドソン川の岸辺をジョギング中に見慣れない番号から電話がかかってきた。

電話の主は後にグーグルのエンジニアリング部門を率いることになるAlan Eustaceだった。ズィーラーのAI分野における傑出した才能を耳にした彼は、「グーグルに入らないか」と誘いをかけてきたのだ。Eustaceはグーグルがこれまで新入社員に提示した中で最高額の報酬を提示した。ズィーラーは金額を明かさないが、関係筋によるとグーグルが特定分野の知見を持つ社員に提示する金額は、通常の給与に数百万ドルが上乗せされるという。

しかし、グーグルからの誘いをZeilerは断った。その数日後にはマイクロソフトからオファーが来た。アップルからの面談の誘いを受けシリコンバレーに飛んだ際には噂を聞きつけたマーク・ザッカーバーグが時間をとり、フェイスブックのAIチームに加わるよう説得にあたったほどだ。

ズィーラーは各社からのオファーを丁重に断り、自身でスタートアップを立ち上げた。「今から考えるとクレイジーな決断だったかもしれない」と彼は当時を振り返る。しかし、ズィーラーの生み出したAIアルゴリズムは、特定の領域ではグーグルを上回っていた。「大企業で働くことよりも、自分の情熱に賭ける道を選んだ」

それから4年、ズィーラーが設立したニューヨーク本拠のスタートアップ「Clarifai」は、マシンラーニングの領域で最も有望な企業として広く知られている。Clarifaiは画像や動画の認識ツールを開発者向けに提供し、この分野でグーグルやマイクロソフトを競合と見据えている。

バズフィードも認めたAI解析技術

ストライプやTwilioらが決済やコミュニケーション用のAPIをプログラマーらに提供するのと同様に、Clarifaiは低コストで最先端のAIテクノロジーへのアクセスを可能にする。Clarifaiの顧客にはユニリーバやバズフィード、ユビソフトといった大手企業の名前が並び、膨大なイメージデータの解析に役立てている。

ここ数年、テック業界では次なる革命としてAIが注目を集め、ディープラーニングやディープニューラルネットワークという言葉がバズワードになった。人間の脳の構造を模倣するそれらの技術は、画像や音声認識の分野に革命をもたらし、医療や自動運転、ロボティックス分野に変革をもたらそうとしている。

しかし、ズィーラーの野心的試みの前途には巨大テック企業の資本力の壁がそびえている。AI分野の人材獲得戦争はあらゆる大学の研究機関を食い尽くし、全てのAI関連スタートアップを買収する動きに出た。グーグルはこれまで少なくとも11社のAI関連の買収を行っており、そのうちの2社だけで10億ドル以上の金額を支払った(DeepMindとapi.aiの2社)。

Clarifaiの競合だった企業は今ではほぼ全て大手に買収された。アマゾンはOrbeusを、セールスフォースはMetaMindを、IBMはAlchemyAPIを傘下に収めた。ClarifaiはAIによるイメージ解析分野で現在アマゾンやグーグル、IBMやマイクロソフトに対抗し得る、おそらく唯一のスタートアップ企業と言える。Clarifaiの関係者の証言によると、同社はこれまで複数の数百万ドル規模の買収提案を断ってきた。ズィーラーは「今後も会社の独立性を保ちたい」と述べている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE