PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about aviation and travel.

Photo by George Frey/Getty Images

どうやらカタールには、ドナルド・トランプ米大統領の「ソウルメイト」と呼べそうな人がいるようだ。カタール航空の最高経営責任者(CEO)、アクバ・アル・バクルだ。

宗教については対立するだろう。トランプは昨年、「イスラム嫌い」を前面に打ち出した選挙戦を繰り広げ、政権の座に就いた。そして、バクルはイスラム教徒だ。ただ、二人はそれぞれの特異な思考について、互いに深く理解し合えるはずだ。

例えば、女性に対する考え方だ。トランプは若い女が好きらしい。現在の妻メラニアは24歳年下。長女イヴァンカが17歳だった1999年には一緒に出演したラジオ番組で、「娘より若い女とは絶対に付き合わない」と約束していた。

一方、バクルは7月上旬、訪問先のアイルランド・ダブリンで、集まった聴衆の前で「カタール航空の客室乗務員の平均年齢は26歳だ」と自慢げに語った。そして、笑いが起きたこと受けてこう続けた。

「アメリカン航空の機内でサービスを提供してくれるのは、ばあさんばかりだ」──女性の価値は若さと美しさで決まると考えているトランプと、全く同じではないか。

z
カタール航空のアクバ・アル・バクルCEO(中央)

昨年の大統領選の選挙期間中には、トランプが「女性の陰部をわしづかみにした」と自慢する発言を録音した音声が流出した。カタール航空の女性従業員に対するバクルの冷酷な支配力の行使も、スウェーデンのジャーナリストによって明らかにされている。バクルは従業員のブリーフィングの途中に一人の客室乗務員に対し、「痩せろ」と怒鳴って命令したことがあるという。

ただ、そのバクルは11日、トランプなら恐らく絶対に拒否するだろう行動に出た。客室乗務員に関する発言が各方面から批判を受けたことで、声明を発表。「素直に謝罪する」と述べた。

「カネと権力」も共通項

私金と公金の使い分けが曖昧だという点でも、二人は同様に批判を浴びている。

カタールの民間航空産業で、バクルが関与していないビジネスはほぼない。政府の事業と民間企業のビジネスが明確に切り離されていないという国も多いが、米国ではそれは受け入れられない。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO