PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

ウォーレン・バフェット(左)、ジェフ・ベゾス(右)(Photo by Gettyimages)

努力に才能、そして幸運──。富豪への道のりには、さまざまな要素があるのは事実だ。だが、多くの大富豪は共通して「ビリオネア・マインド」を持っているという。自力で成功した富豪から学べることとは。

今年で30年周年を迎えたフォーブス恒例「世界のビリオネアランキング」。今年は過去最高となる 2043人の富豪がランキングを飾っている。 

ビリオネア(資産10億ドル保有者)は一般人と何が違うのだろうか?

自力で成功した富豪には、中流層出身のマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ(1位)や投資家のウォーレン・バフェット(2位)のような人もいれば、経済的に困難な状況から這い上がった人たちもいる。

19位に入ったアジアで最も裕福な実業家、李嘉誠は、12歳のときに学校をやめ、家計を支えるために腕時計の工場でベルトを付ける作業をした過去を持つ。スターバックスのハワード・シュルツ前CEO(660位)もニューヨークの貧困地域で育ち、シアトルのコーヒー店を世界的チェーンに育てた結果、多くの富を手にしている。

以下、ビリオネア50人に、初めて100万ドルを稼いだ年齢と出自という2つの質問をしてみた結果を紹介しよう。

null

年齢について、最も多かったのは21〜30歳という回答(59.6%)だった。近年、ITの発達により、若くして億万長者になる起業家が増えている。50歳以上という回答はなかったとはいえ、マクドナルド創業者のレイ・クロックが同社を立ち上げたのは52歳のとき。経験も生かし方次第ということか。

一方出自については、貧困から中流階級までが全体の7割を占めるという結果になった。経済的に恵まれない環境から成功したビリオネアの中には、忍耐力はもちろんのこと、「長期的思考」にもとづくビジョンを持って這い上がった人が数多くいる。

成功者たちには幸運や才能といった外的要因の他に、共通して「ビリオネア・マインド」があると指摘するのは、『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか』(邦訳:ダイヤモンド社刊)の著者であるジョン・スヴィオクラとミッチ・コーエンだ。

文=Forbes JAPAN フォーブス ジャパン編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE