Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Photo by Kris Connor / gettyimages

2017年上半期に米国で最も売れたレコードはビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」であることが分かった。

伝説的名盤として語り継がれるこのアルバムは発売50周年を記念して、リマスタリングを行った“50周年記念エディション”が発売され、世界的人気を獲得した。

多くのビートルズファンがこのレコードを買い求め、米国での売上枚数は3万9000枚に達している。このデータは米国のニールセン・ミュージックが2016年12月30日から2017年6月29日の期間を対象に調査を行ったもの。

2位は映画「ラ・ラ・ランド」のサウンドトラックで売上枚数は3万3000枚。複数部門でアカデミー賞を獲得した「ラ・ラ・ランド」人気の高まりを受けて、このアルバムはビルボート200で最高2位まで浮上していた。作品がミュージカル分野の映画であることも、アルバムの売上を伸ばした理由と見られる。

3位には映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のサウンドトラック(同3万枚)が入ったが、2014年の夏にリリースされたこの作品が、今だに売れ続けていることも興味深い。4位にはボブ・マーリーの「レジェンド」、5位にはエイミー・ワインハウスの「Back To Black」が入った。

下記に上位10アルバムのアーティスト名、アルバム名を記載する。カッコ内の数字は売上枚数。

1. ザ・ビートルズ「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」(3万9000)
2. サウンドトラック「La La Land」 (3万3000)
3. サウンドトラック「Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol. 1」(3万)
4. ボブ・マーリー「Legend」(3万)
5. エイミー・ワインハウス「Back to Black」 (2万7000)
6. エド・シーラン「÷ (Divide)」 (2万7000)
7. ザ・ビートルズ「Abbey Road 」(2万6000)
8. プリンス「Purple Rain」 (2万4000)
9. Tennis「Yours Conditionally」 (2万4000)
10. ピンク・フロイド「ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン」 (2万3000)

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE