PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO(Photo by Spencer Platt/Getty Images)

ジェフ・ベゾスCEOが率いるアマゾン・ドットコムは今、革新的企業の最右翼になろうとしている。ビリオネアランキングで初のトップ3入りを果たしたカリスマ経営者のぶれない信念を支える哲学とは。


経営者にとって戦略上の「大胆な賭け」とは、どこまで許されるものだろうか?

アマゾンの共同創業者兼CEO、ジェフ・ベゾス(53)の場合は際限がないようだ。オンライン書店に始まり、AI搭載のビデオ付きホームスピーカーの開発や出口会計が不要のスーパーマーケット展開に至るまで……。2000年に立ち上げた別会社の「ブルーオリジン」では、ロケットまで開発している。

こうしたベゾスの大胆な賭けを支える根拠となっているのが、伝説の投資家ベンジャミン・グレアムの提示した「ロングターム・シンキング(長期的思考)」である。『証券分析』や『賢明なる投資家』などの著書を持つグレアムは、かの世界的投資家ウォーレン・バフェットも敬愛してやまない「バリュー投資の父」として知られている。

グレアムは、「市場は、短期的には投票機械のような動きを見せるが、長期的には秤のようなものだ」と語り、最終的には長期的思考にもとづく判断を取ったほうが会社を利すると指摘している。

ベゾスはこの点についてたびたび言及している。そして、社内会議や株主向け年次書簡でもグレアムを引用し、株価に一喜一憂せず、利益率よりもフリーキャッシュフロー(事業活動で稼いだ資金で自由に使えるもの)の方を重視する姿勢を崩さない。

彼は、キャッシュフローに特に注目する理由について、2006年の株主向け年次書簡で「株式は将来的なキャッシュフローであり、長期的な観点からはキャッシュフロー以上に株価を表すものはない」と記し、「今日すべきことをきちんとすれば、明日はより多くの利用が見込め、さらに顧客が増える。それはより多くのキャッシュフローにつながり、株主に長期的な価値をもたらす」と、株主に長期的思考への理解を求めている。

これが、アマゾンの社風を説明する上で引き合いに出される「顧客中心主義」にもつながるのである。

「2日目」は死の始まり


ベゾスはしばしば、自宅を貸し出したある夫妻についての話を紹介する。家を借りた別の一家が、クリスマスツリーを飾る際、鉢植えを置くのではなく、部屋の床に釘で打ち付けたというのだ。極端な例とはことわりながらも、「所有者であれば、そのような近視眼的なことはしないはず」と語り、そもそも従業員や株主が会社に対して“真の所有者意識”を持っていれば、長期的思考は当然の結果だとさえ説く。

もう一つ、ベゾスの決断を支えるのが「1日目(Day One)」という考え方。これは1997年の年次書簡に書かれた、「今日はインターネットの1日目。学ぶことは膨大にある」という一文にもとづく。

文=フォーブス ジャパン編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE