PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the growing "industry" of social innovation.

tomertu / shutterstock

北極圏の雄大な自然を背景にしたサーフィン写真で知られるクリス・バーカードは、約300万人のインスタグラムフォロワーを持ち、トヨタ、アメリカン航空、アップル、ソニーなどの広告に作品が起用される人気アーティストとなった今も、自身をハスラー(サバイバルのために何でもする者)と呼ぶ。

現在31歳のバッカードのクリエイティブ起業家としての出発点は、故郷のカリフォルニア州セントラルコーストで、海から上がって来たサーファーたちに彼らを撮影した写真を売っていた10代の頃に遡る。その後、19歳で大学をやめ、サーフ・フォトグラファーの道に進むことを決意。「両親には『それは職業なのか?』と言われ、信じてもらえなかった」と、バーカードは当時を振り返る。

「世界を見たかった。カメラがその手段になると信じていた。車上生活を送り、怪しいメキシコ料理で空腹をしのぎながら、とにかくよく働いた。華やかさのかけらもない生活だった」

バーカードは結婚式やポートレートの撮影など、依頼された仕事は何でも引き受けた。だがやがて、自分の目指す道から遠ざかっていることに気づく。結婚式会場ではなく、広大な自然こそが、本当に撮りたいものだった。

2006年、バーカードはサーフィン雑誌でインターンを開始。作品が雑誌に掲載されるようになり、仕事で世界中の南国のサーフスポットを訪れる機会もできた。しかし興奮は長続きしなかった。「誰もが通ってきた道をなぞっているだけの自分に落胆した。自分は手つかずの場所が好きなのであって、観光地が好きなわけではない」

バーカードは手つかずの自然を求めて自費でアラスカ、カナダ、アイスランドを旅し、誰も見たことのない極北でのサーフィン写真を撮影するようになった。驚くべき物語に満ちたそれらの作品は出版関係者の間で話題になり、バーカードのキャリアを押し上げた。

その一方で、バーカードは出版ビジネスの限界を感じるようになる。「カリフォルニアでひと夏かけて撮影して、秋に入金されるのが175ドル。この仕事だけで食べていくことは不可能だと気づいた」

そこでバーカードは企業広告に目を向けた。最初のクライアントの一つはワイナリーで、カリフォルニアのライフスタイルを表現した写真が起用された。雑誌の仕事は生活費を稼ぐ場ではなく、あくまで名を売る場になった。

それから間もなく、バーカードは5000ドルの助成金を受けて写真集「The California Surf Project」の制作に着手する。50日かけてカリフォルニア各地のサーフカルチャーを撮影したその本は、サーフィン本史上最大のベストセラーになった。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE