Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

ハーバード、デューク――世界トップクラスの頭脳を持つ学生たちが、イノベーティブな企業と向き合う全員参加型イベント「Nexgen(ネクスジェン)」。「Next generation」の略語を冠して開催される同イベントの“主役”は、その名の通り、「次世代を牽引するプレイヤーたち」。東京、そしてシンガポールを舞台に、次世代を担うスタートアップ、リーディングカンパニー、学生たちが一堂に会する特別なプログラムです。

アクティブラーニング社とForbes JAPANが共同開催するNexgenがスタートしたのは、2014年。アジアへの拡大を視野に入れ、今回はシンガポール政府関係機関としてスタートアップ支援を行う「SGinnovate」が全面協力。7月14日の東京大会に続き、8月4日にはシンガポール大会が開催されます。日本からは、エンタテインメント業界を牽引するエイベックスが、リーディングカンパニーとして全面参画が決定!


昨年のNexgenイベントの様子

スケールアップしたNexgenに参加するのは、今年もハーバード大学をはじめとする世界のトップ大学から集った学生たち。参加学生は、日本のスタートアップで2週間のインターンを実施。東京大会では、リーディングカンパニー、スタートアップが実施する先進的な取り組みの発表に続き、インターンを終えた学生たちが、企業に対して行った「貢献活動」をプレゼンテーション。その中から「Nexgen of the Year」を選出し、学生の優れたアクションを雑誌『Forbes JAPAN』上で紹介します。シンガポール大会では、さらにシンガポールのスタートアップも参加が決定。

【特別イベント:Nexgen 一般参加者募集】
今回は、この特別なイベントへの「一般参加者」を募集します。学生、社会人問わず参加が可能です。一般参加者は、東京大会において、参加企業が目指す「未来」に貢献できるアイデアを考え、発表。「所属する研修室が持つ技術の応用」、「勤務する会社とのコラボレーション」など、それぞれの立場から「貢献案」を提供します。

その中で、最も優れたアイデアを提供した一般参加者は、シンガポール大会へご招待(旅行費用10万円を提供)。シンガポールでは、大会参加の他、政府関係機関が持つスタートアップ関連の施設などへの特別なツアーもご用意します。

世界トップ大学から日本へ来る意欲的な学生たちによるプレゼンテーション、次世代を創る企業の先進的な取り組みの発表ーー。

そんな熱気溢ふれる会場で、自らのアイデアを披露できる特別な機会です。この「未来創造型イベント」へ、奮ってご応募ください。


【開催日時】7月14日(金)16:15〜21:30
【プログラム】
<第1部> オープニング・セッション
・Opening Talk(Forbes JAPAN 編集長 高野 真/経済産業省 畑田 康二郎氏)
・Contribution Training(元ハーバード大学講師・Nexgen総合プロデューサー 羽根 拓也)
・Guest Speech(アフリカのインフラを根底から変えた男 日本植物燃料 CEO 合田 真氏)

<第2部> リーディング・セッション
・Leading Future(リーディングカンパニーによる未来創造ワークショップ)
 〜エイベックスと未来のエンタテインメントを考えよう〜
(エイベックス・グループ・ホールディングス グループ執行役員 加藤 信介氏 登壇)

<第3部> スタートアップ・セッション
・Startups Introduction(スタートアップ企業による事業紹介)
・Students  Report(海外学生による貢献活動レポート)
・Contribution Time(一般参加者による貢献活動)

<第4部> ジャッジ&ショー・セッション
・審査&ショータイム、Nexgen of the Year の発表、自由歓談(企業関係者、海外学生、一般参加者)

■ 参加学生(海外):ハーバード大学、デューク大学学生
■ スペシャルゲスト:経済産業省 畑田 康二郎氏(新規産業室 課長補佐 元内閣府 宇宙開発戦略推進事務局参事官補佐)
■ スペシャルゲスト:
Forbes JAPAN 編集長 高野 真
■ ファシリテーター:元ハーバード講師・アクティブラーニング代表・羽根 拓也、アクティブラーニング副社長 得能 絵理子

【場所】エイベックス・グループ・ホールディングス本社

【主催/共催】アクティブラーニング/Forbes JAPAN
【総合プロデュース】羽根 拓也

【お申込】下記、お申込フォームよりお申込下さい。応募多数の場合は、抽選後、詳細メールを持って代えさせて頂きます。予めご了承下さい。お申込フォームはこちら



■ 2017年 Nexgen参加企業
【リーディングカンパニー】エイベックス・グループ・ホールディングス

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 グループ執行役員 加藤 信介氏(当日参加予定)
本イベントのリーディングカンパニーとしてエイベックスが全面参画。日本のエンタテインメント業界を牽引してきたエイベックスが、さらなるイノベーションを引き起こすべく、新たな企業理念「Really! Mad+Pure」に加え、「Entertainment × Tech」を掲げる。既存の概念にとらわれない最先端のテクノロジーやトレンドを取り入れ、今まで以上に世の中に驚きと感動を提供できる「未来志向型エンタテインメント企業」へ進化する事を目指す。
▷ エイベックス・グループ・ホールディングス: http://www.avex.co.jp/

【スタートアップ①】ALE:「人工流れ星を作る」世界初のベンチャー

ALE 代表 岡島 礼奈氏(当日参加予定)
ALEは東京に拠点を持つ、人工衛星を用いて人工的な流れ星を作る宇宙エンターテイメントベンチャー。エンターテイメントを通じて基礎科学分野に貢献することをミッションに掲げ、岡島礼奈(同社CEO、東京大学にて天文学を専攻)が2011年に設立。4つの教育機関(東北大学、首都大学東京、神奈川工科大学、日本大学)と共に技術の開発・研究を重ね、2018年の衛星初号機打ち上げに向けて取り組んでいる。
▷ ALE: http://star-ale.com/

【スタートアップ②】ispace:「宇宙資源を起点とした新たな産業創出へ」

ispace FOUNDER&CEO 袴田 武史氏(当日参加予定)
「宇宙を人類の生活圏にする」をビジョンに掲げ、 月面資源開発の事業化に取り組んでいる次世代の民間宇宙企業。 日本から唯一月面探査レースに参加するチーム「HAKUTO」の運営を行い、 中長期では「月への高頻度の輸送」、 月資源の開発技術の確立と群ロボット技術を活用した資源マッピングを行う「月面探査」、 そして資源の採掘と加工を経て、 月面や宇宙の顧客へ提供する「生産・配送」を行なっていくことを計画しています。
▷ ispace: http://ispace-inc.com/jpn/

【スタートアップ③】ABEJA:「人工知能」の技術で世界へ

ABEJA 代表取締役社長 CEO 兼 CTO 岡田 陽介氏(当日参加予定)
2012年創業。AIのブレークスルー技術である、ディープラーニングを活用した解析プラットフォーム「ABEJA Platform」を提供。これまでにディープラーニングを活用し実店舗における様々な情報を収集・解析・可視化する「ABEJA Platform for Retail」を、小売・流通業界を中心に、国内の300店舗以上に導入。ダイキン工業株式会社との協業を通じた製造業界への進出や、NVIDIAの「GPUベンチャー・プログラム」にも採択。約10カ国のメンバーが集うダイバーシティな環境。
▷ ABEJA: https://www.abeja.asia/


▷Nexgen Web page
 www.nexgen-asia.com

▷お問い合わせはこちら

 http://www.als.co.jp/contact
 電話番号:03-5403-6544
*ご質問の際は「Nexgen問い合わせ」と件名にご記載ください


編集=山本 隆太郎

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE