世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

Bluetooth(R)搭載のGPSハイブリッド電波ソーラー、OCEANUS(OCW-G2000C)。ベゼルやインデックス、都市コード表示窓など随所に施した“青”の表現にもこだわる。

最新のオシアナスに搭載された先端技術の数々

先端技術を積極的に取り入れ、機械式時計とは異なるクオーツ時計の高みを目指すカシオの「オシアナス」。

6月に発売されたOCW-G2000CはBluetooth(R)を搭載し、スマートフォンアプリと連動して操作性や信頼性が向上。高い機能性に加え、ビジネスパーソンの腕に馴染むスタイリッシュなデザインも「オシアナス」の魅力だ。繊細な青の表現やディテールの随所に日本の美意識が宿り、日本のものづくりによる機能性と美しさが融合している。
特筆すべきは搭載される先端技術の数々。標準電波、GPS衛星電波に加えて、Bluetooth(R)による時刻修正システムに対応。これにより世界のいたるところで時刻表示をキープすることが可能だ。世界を舞台に活躍するビジネスパーソンにとって重要な時間管理を先端技術がサポートする。


また、2つの時刻を独立したダイアルで表示するデュアルダイアルワールドタイムも便利な機能。4時位置の小窓やスマホ操作で都市を選ぶと、6時位置のインダイアルにその都市の時刻を自動的に表示。またホームタイムとローカルタイムの時刻の入れ替えも2時位置のプッシュボタンで容易にできる。6基の超小型モータードライブによるスピーディーでスムースな運針も見どころだ。


多機能なモジュールが安定して駆動できる電力供給を担うタフソーラー、時刻修正のために必要な3種類のアンテナ、6基の超小型モーターなど多くの部品を高密度で実装。パーツの小型化やシステムの省電力化など、先進テクノロジーを駆使してモジュールのサイズはそのままに多機能化によるパーツ増加に対応している。

スーツ姿にフィットするエレガントなデザインにもこだわりが

独自の先進テクノロジーを追求しながら、カシオが「オシアナス」でこだわるのはエレガントなルックスだ。ビジネスパーソンの腕を飾るに相応しい高級感と洗練に満ちたデザインにも注目したい。



特徴的なベゼルではサファイアガラスとチタンが融合。ここではグラデーションスパッタリングにより繊細に変化する”青”を表現。精密な工作技術も要求される部分だ。



白蝶貝をあしらったインダイアルでは、また異なるニュアンスのブルーが彩りを与える。さらにケースとバンドにはチタンカーバイト処理を施して、耐摩耗性と美しい発色を実現。

先端機能、デザインの両面から見てきたオシアナスの世界観がよくわかるスタイリッシュなムービーもまた愉しい。

▷画像をクリックして動画を見る

.
ぜひ実機にも触れ、先端技術と高い美意識が融合した「オシアナス」を体験して欲しい。その質感の高さと約103gという軽さにも驚かされるはずだ。


OCW-G2000C-1AJF (
¥250,000+税
 世界限定1500本)
GPS 衛星電波受信機能
電波受信機能(世界6局)
スマートフォンリンク(モバイルリンク機能)
タフソーラー(ソーラー充電システム)
両面無反射コーティングデュアルカーブサファイアガラス
10気圧防水
サイズ:51.1×46.1×13.7mm
質量:約 103g
▷詳しい情報はこちら
▷お問い合わせはこちら
 カシオ計算機 お客様相談室 ☎03-5334-4869 

Promoted by カシオ 編集=青山鼓

あなたにおすすめ

SEE ALSO