Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

Natata / shutterstock

ビジネスシーンで頻繁に繰り返されるうその一つが「時は金なり」という格言だ。

この言葉の意味を考えてみてほしい。あなたを含む全ての労働者が一刻も早く仕事を片付けなければならない、時間を無駄にすれば会社にコストがかかるので急げ、ということだ。

私たちは何の理由もなしに、早く仕事を済ませるよう人々に圧力をかけてしまう。時は金ではない。

人生はあなたが持つ中で最も貴重なものだ。ミリ秒が無数につながって水平線上に延び、その行きつく先は誰にも分からない。そうしたミリ秒の一つも買い戻すことはできないのに、金銭に貴重な時間と同じ価値があるわけがない。

金銭は、健全な企業から得られる最高の成果物というわけでもない。だが、たとえ収入と利益を最大限得たいのであっても、仕事のスピードアップを従業員に強いるのは、誤ったアプローチだ。

早急な決断は、最悪の決断であることが多い。人は時間的なプレッシャーがかかるとそれに負け、判断力が損なわれる。時間に基づいた基準を設定してしまうと、従業員はそのペースについていけなければ懲罰・解雇の対象になると恐れ、職場に恐怖感が生まれる。

急げ、急げ、急げと圧力がかかる中で最高の仕事ができる人などいるだろうか?

ジェイ・グリフィスによる素晴らしい本『A Sideways Look at Time(時間を斜めに見る)』では、人の考え方や期待がどのように時間を屈折・延長させ得るかを説明している。

時間が果てしなく長く感じることがどれだけ惨めかは、皆さんも知っているはずだ。退屈し、働く意欲のない従業員が終業ベルを待っている状態が最もよくありふれた例の一つだろう。頭が疲れ切ってしまった従業員に、少しでも長く職場に残っていてほしいと思う人などいるだろうか?

恐怖が職場を支配していることは、時間に関する就業規則を見れば分かる。多くの職場で、遅刻は最も深刻な規則違反の一つであり、「時間通りに出社する」という規則を破った時点で「月~金の朝8時から夕方5時まで、あなたの時間をささげてもらう」という暗黙の了解を破ってしまったことになる。

もしあなたの仕事が早く、すぐに終わらせてしまうようであれば、上司は短い時間でも満足する。しばらくすると、上司がそのまた上司から、なぜ他の従業員はあなたほど仕事が早くないのかと聞かれる。そうすると、上司はあなたに少しペースを落とすように言うだろう。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい