Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

隠岐の島ウルトラマラソン、50kmコースのスタート地点。コースは100kmと50kmがある。

「人生でこんなに人に感謝したことはない」

「一年で一番素直になれる日」

これは、毎年6月に開催される「隠岐の島ウルトラマラソン」に参加した人たちが寄せた声だ。島根県沖に浮かぶ隠岐群島。人口減少と高齢化に悩む隠岐の島町(人口1万5000人)で、この6月18日に12回目となる「隠岐の島ウルトラマラソン」が開催される。

北海道から九州まで全国のマラソン愛好家が集まる隠岐の島の100kmレースは、例年、ランナーのためのサイト「RUNNET」の「ウルトラマラソン部門」で人気1位を独走している。

しかし、2005年10月に第1回目が開かれたとき、目標エントリー800人に対して、実際に参加したのは357人だった。それが回を重ねるごとに口コミで参加希望者が増え続け、全国34地域で開かれるウルトラマラソンで、人気1位になったのだ。

しかも、ランナーとして参加した広島の医師は、「この大会をやめずに、毎年必ず継続してくれるなら」という条件を提示し、島の無医村に移住した。ランナー同士で結婚した夫婦もいる。今では「地域おこしの参考にしたい」と、行政視察も相次ぐ。当初は町議会からの反対や冷めた声もあった大会が、なぜ人気ナンバーワンになったのか──。

a

「昔、島に来てもらう観光イベントとしてハーフマラソン大会を開いていて、宗兄弟も参加したことがあったんです。でも、参加者は年々減るし、マンネリ化していました」

隠岐の島町の観光課長、吉田隆がそう打ち明ける。

イベントをやってみたけれど、継続が困難になるというのは、地方に行くと、よく聞くパターンの話である。また、観光資源には恵まれているが、それが地域の活性化につながっていないケースも多い。

隠岐の島町は釣りファンがフェリーや飛行機で訪れる島であり、また、歴史が好きな人にとっては後鳥羽上皇や後醍醐天皇が「配流」された島流しの土地としてその文化を残す。真冬を除いて、ほぼ一年中、道路わきのアジサイが花を咲かせている珍しい気候の島で、独自の生態系をもつ。黒曜石の産地でもあり、「隠岐ユネスコ世界ジオパーク」がある。といっても、関心がない人にはまったく刺さらない。

「海外線を走って、島を一周して、内陸を少し迂回したら、100kmになる。ウルトラマラソンができるぞ」

観光協会や観光課の中で、当時はまだ少なかった「ウルトラマラソン大会」の案が持ち上がった。しかし、町議会や一部の町民が反対の声をあげた。

「100キロも走るランナーがこの島に本当に集まるのか?」「そんな大会を開催して、町民に何のメリットがあるんだ」といった、これも地方でよく聞く「新しいことにはとりあえず反対」という声だ。

そこで当時まだ若かった吉田課長たちは、「丁度、町村合併で、島内の4つの町村が合併して隠岐の島町になったのだから、その記念として一回だけでいいから実行してみましょう」と提案。一回限りの約束で「隠岐の島ウルトラマラソン」が開催されることになった。

2005年10月に開かれたこの大会には、いくつかの仕掛けと、予想しえない展開があった。

全国からエントリーしてきたランナーには、ゼッケンを郵送する際、島の小学生たちが書いた手紙をそれぞれ同封していた。フェリーでやってきたランナーたちは、体育館で開かれる「前夜祭」で歓待され、手紙を書いてくれた小学生とのご対面が行われた。海の幸や島の名物のめかぶ汁が振る舞われ、大漁旗での応援と島の人との交流会で盛り上がった。これはよくある仕掛けといっていいだろう。

文=Forbes JAPAN編集部

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい