Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I am a freelance journalist covering breaking news and entertainment.

(Photo by Getty Images/Dave Hogan for One Love Manchester)

アリアナ・グランデが6月4日、ケイティ・ペリーやジャスティン・ビーバー、コールドプレイをはじめとする大物アーティストを招いて慈善ライブ「ワン・ラブ・マンチェスター(One Love Manchester)」を主宰し、世界中が愛に包まれた。

このライブは5月の英マンチェスターのグランデのライブ会場で発生した、22人が亡くなったテロ事件を受けてのもの。フェイスブックでライブストリーミングされたライブは7600万人以上が視聴し、「募金する」ボタンを通じて多くの寄付金が集まった。

寄付を行ったユーザーは2万2000人に上り、フェイスブック経由の寄付金の総額は45万ドル(約4950万円)を超えた。

ツイッターやYouTubeなどでもライブは生中継されたが、ボタンを押すだけで直接寄付ができるのはフェイスブックだけの機能だ。リアクションは250万件に上り、最も多かったのが「超いいね!(英語ではLove)」だった。40万件以上のコメントが寄せられ、75万回以上のシェアが行われた。

会場には5万人以上のファンが詰めかけた。参加したアーティストはマイリー・サイラス、ファレル・ウィリアムス、コールドプレイ、ブラック・アイド・ピーズ、テイク・ザット、ロビー・ウィリアムス、イモージェン・ヒープ、リアム・ギャラガーなどだった。

チケットの売上は300万ドル(約3億3000万円)を超え、寄付金の総額は6月6日時点で900万ドル(約9億9000万円)を超えて今も増え続けている。

イギリスではこの慈善ライブを1100万人がテレビで視聴し、2017年に入ってから最も視聴されたテレビイベントとなった。ライブはBBC Oneで放映され、世界50か国以上で生中継された。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい