Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

電動スケートボードのスペクトラ(Credit: Walnutt)

中国深センのハードウェアスタートアップシーンから、新たな注目株が現れた。電動スケートボードを開発するWalnutt だ。5月にクラウドファンディングのIndiegogoでキャンペーンを始動した同社の製品「スペクトラ(Spectra)」は既に30万ドル(約3300万円)の調達に成功している。

電動スケートボードの領域では既に様々なプロダクトが登場しているが、スペクトラが既存の製品と大きく違うのは、世界で初の「人工知能(AI)を搭載した電動スケートボード」をアピールする点だ。スペクトラはユーザーの姿勢を感知して、速度を上げる、減速を行うといった操作が出来る。

Walnutt創業者のHenri Pangはこれまでナインボットや、ホバーボードに関心を持ってきたが、乗りこなすのが難しい点が課題だと考えていた。開発主任を務めたScott Parker は「この製品は特に通勤目的の利用を念頭において開発した。個人の移動を手軽に、楽しいものにしたかった」と話す。「誰でも乗りこなせる電動スケートボードの開発」を目指したという。

筆者個人はスペクトラを実際には試していないが、製品のコンセプトはかなり説得力のあるものに思える。スペクトラはユーザーが前傾姿勢をとると加速し、後ろのめりになると減速する。この製品は車輪内部に格納された極小モーターによって稼働する。スペクトラは4種類のモデル(ミニ、アドバンス、プロ、シルバー)が用意され、それぞれ最高速度やサイズが異なっている。

価格329ドルのミニの場合、重量はわずか約3.4キログラムで長さは約43cmで持ち運びも手軽だ。一方、パワー性能重視のシルバー(1199ドル)は最大で時速約34キロを実現している。

創業者のPangは深センで育ち、香港科技大学でロボット工学を学んだ。開発チームのエンジニアらは深センのドローンメーカーDJIと同じラボで研究を行っているが、ビジネス部門のオペレーションは主に香港やニュヨークを拠点としているという。

Walnuttのチームはスペクトラを世に送り出すにあたり「電動スケートボード界のテスラ」という目標を掲げている。スペクトラには専用アプリも用意され、フレームワークのアップデートも重ねている。

テスラのようにスマートな乗車体験を実現するのが彼らの夢だ。非常に魅力的なコンセプトを持ったこの製品が、どこまでそのアイデアを実現するか、今後を大いに注目したい。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい