Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Data journalist covering technological, societal and media topics

SvedOliver / shutterstock.com

英国のシンクタンク、経済平和研究所(IEP)が先ごろ発表した2017年度「世界平和度指数」によると、世界の平和度はこの1年でやや上昇したという。調査対象163か国のうち、前回の調査結果と比べて平和度が高まったのは93か国、低下したのは68か国だった。

調査対象国の中で最も大きく順位を下げたのは、米国だった。前回から11ランク下げて、114位となっている。昨年行われた大統領選の候補者らによる選挙活動がもたらした国内の政治的状況と、社会の根深い分断が主な原因とされる。地域別に見ても、最も平和度が低下したのは北米だった。

ランキングの1位となった「世界で最も平和な国」は、アイスランドだった。2位以下には、ニュージーランド、ポルトガルが続き、日本はアイルランドと同順位の10位だった。一方、最も危険な国は内戦が続くシリアだった。

ランキングによると、暴力が世界経済に及ぼした影響は昨年、金額にして14兆3000億ドル(約1580兆円)に達した。これは、世界の国内総生産(GDP)の12.6%に相当する金額だ。1人当たりに換算すれば、1953ドル(約21万5000円)の損失になるという。

世界各国「平和度ランキング」

1位: アイスランド
2位: ニュージーランド
3位: ポルトガル
4位: オーストリア
5位: デンマーク
6位: チェコ共和国
7位: スロベニア
8位: カナダ
9位: スイス
10位: 日本/アイルランド


154位: ウクライナ
155位: 中央アフリカ共和国/ スーダン
157位: リビア
158位: ソマリア
159位: イエメン
160位: 南スーダン
161位: イラク
162位: アフガニスタン
163位: シリア

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE