Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フリーランス・ライター/エディター

イラストレーション=アンディ・フリードマン

成功者ほど読書好きは多い─。ではどんな本を読み、そしてどんな読み方をしているのだろうか? ビル・ゲイツとマーク・ザッカーバーグ、新旧両雄の読書ライフとお気に入りの書籍をのぞいてみた。


立身出世した人たちの多くは、並々ならぬ努力を重ねてきた。だが、その仕事量と同じくらいに力を入れているのが「読書」だ。

成功者は“カネコネ学位”よりも本を読む習慣を大切にする。とはいえ、彼らは相当の仕事量をこなすハードワーカー。時間はないはず。ではどんな本を読み、そしてどんな読み方をしているのであろうか。

本の虫として知られるのはマイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ(61)だ。幼少のころ、家にあった百科事典をたちまち読破したという。四六時中、貪るように本を読み続け、食事中もとまらなかったことから、親は困惑し、仕方がなく「ダイニングテーブルでは読書禁止」のルールを課したほど。

そんなゲイツは、成功してからも独特の読み方をしている。長期休暇を前にすると分厚い5〜6冊の本を買い込み、それを一気読みするのである。ふだんは時間がないだけに、まとまった時間をとってまずは1冊を通読し、読み終えるとしばし熟考する。そのやり方のほうが、“乱読”よりも知識が深まり、身になると考えているようだ。

ゲイツは自身のブログ「gatesnotes The blog of Bill Gates(ゲイツ・ノート)」で、読んだ本を定期的に掲載している。2016年の「お気に入り書籍リスト」を見ると、その内容は多岐にわたる。ゲノムからスポーツ、偉人伝まで圧倒的な視野の広さを感じさせる。

彼がそこで、真っ先に挙げた本は、デヴィッド・フォスター・ウォレスが書いた『String The ory: David Foster Wallace on Tennis』(未邦訳)。トマス・ピンチョン以降のポストモダン文学の旗手と呼ばれるウォレスが、テニスをテーマに書いたエッセイ集である。

ゲイツはマイクロソフト時代にテニスをやめたが、しばらくして再びプレーを始め、ついこの間も歴代最強プレーヤーと称されるロジャー・フェデラーと“親善試合”をするほど夢中なのだ。

「もしかすると、テニスの本でベストかもしれない」とゲイツは言う。

一方で彼は、医師でピューリッツァー賞受賞作家のシッダールタ・ムカジーが書いた『The Gene: An Intimate History』(邦訳は近日刊行予定)を推奨する。これは国際的な議論が起きている“ゲノム編集”が抱える問題に焦点を当てたノンフィクション。ムカジーと直接会って話を聞いているゲイツは、「最新のゲノム科学が引き起こす倫理的課題を浮き彫りにしている」と指摘する。

彼は2000年に妻のメリンダと立ち上げたビル&メリンダ・ゲイツ財団を通して、ポリオやマラリアなど途上国で蔓延する疾病に対して科学技術の進歩を活用した支援に取り組んでいる。読書や対談で得た専門知識を、そうしたライフワークに生かすフィードバックループができあがっているのだ。そしてそんなベテランの姿を、他の若い起業家たちは見ている。

文=北島英之

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい