PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

権威のある格付けと厳選した旅情報を発信

フォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤン(Courtesy of Four Seasons Hotels Limited)

魅惑のビーチや棚田の風景、スピリチュアルな感覚の豊かさに魅かれ、2016年には500万人にのぼる外国人がバリ島を訪れた。バリ島の政府観光局によると、その数は前年を100万人上回ったという。

インドネシア観光の中心として人気が高まるバリ島は、独自の文化を損なうことなく、より洗練された旅の経験を提供することに力を注いできた。これには多くの企業が注目しており、カペラ、ランガム、マンダリンオリエンタル、トランプ、ウォルドーフ・アストリアといったホテルが、数年以内にバリ島で開業する計画だ。

フォーブス・トラベルガイド(FTG)が2月に発表した2017年版ホテルの格付けで、バリ島がラグジュアリーな旅の新たな牽引役として初めて浮上したのも、他に類を見ない旅の経験ができることが大きな理由だ。

59回目となる今年の格付けでは、フォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・ジンバランベイ、フォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤン、ザ・ヴィラズ・アット・アヤナ・リゾート・バリの3軒のホテルが5つ星を獲得した。ほか、4つ星ホテルが10軒、お勧めの評価を得たホテルが3軒。スパでは5軒が4つ星を獲得している。

FTGでは格付けにあたり、サービス分野における礼儀正しさ、思慮深さ、個別の対応といった評価基準を設けているが、バリ島のホテルは、その多くが他国の競合を凌ぐ高い評価を獲得している。サービスにおいてこうした要素を満たすためには、スタッフの洞察力、直観力が要求される。ゲストが口に出さなくても、彼らの希望を読み取り、先んじて考えられる能力がものをいうのだ。

FTGの覆面調査員は、これらのホテルのサービスのすべてに、バリ島ならではの魅力が体現されているのを感じたという。

その一例として、「お勧めのホテル」の評価を得たアマンダリでは、ターンダウンサービスで、地元で作られる小さな木彫りの動物が部屋に届けられたそうだ。添えられたカードには、次のようなメッセージが書かれていた。

「私(木彫りの動物)を家に持ち帰ってくださるなら、おとなしくしているとお約束します。明け方には私の仲間たちの大声が聞こえるかもしれませんが、あなたがお休みの間は、私ができる限り彼らを遠ざけるようにいたします」

これは、明け方の4時に雄鶏の鳴き声で起こされることがあっても、バリ島ならではの経験として受け入れて欲しいという心のこもった伝え方だ。

aw
フォーシーズンズ・リゾート・ジンバランベイ(Courtesy of Four Seasons Hotels Limited)

バリ島に2軒あるフォーシーズンズホテルの総支配人、ウダイ・ラオは次のように話ししてくれた。

「バリは大きな島で贅沢なホテルも多く建設されましたが、まだあまり人が訪れていない場所も残っています。フォーシーズンズでは、ゲストにそうした場所を訪ねることをお勧めしています。どこでも過ごせるような時間でなく、新たな土地を探訪し、発見するような時間を過ごすことこそ、贅沢な旅の醍醐味です」

編集=Forbes JAPAN編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO