PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

「MIDEM」フランス(Arthur R. / shutterstock.com)

カンヌで毎年開催される世界最大級の音楽見本市が「MIDEM」だ。そこでは過去10年にわたりMidemlabという場が設けられ、将来性の高い音楽関連スタートアップが自社のプレゼンを行ってきた。

最優秀企業に選ばれればメディアの注目も得られ、ベンチャーキャピタルから出資が受けられる可能性も高まる。今年のMIDIEMは6月6日から開催予定だが、ここでは今回のMidemlabのファイナリストに選ばれた20の企業を、4つのカテゴリー別に紹介する。

楽曲制作及び教育

Uberchord : AIを取り入れたモバイル専用音楽教育プラットフォーム。

STUDYTRACKS: テスト対策などで覚えたい情報にメロディーを付けてくれるアプリ。
Roadie 2 :世界初の手持ち式振動型の自動ギターチューナー。

Skoog:iPadと連動する子供向けの楽器。

HumOn :メロディーを口ずさむと楽譜を起こしてくれるアプリ。

ディスカバリー及び流通

Truelinked:クラシック音楽関連の人材に特化したLinkedInタイプのSNS。

Diggers Factory:予約販売数に注文数が達するとレコードが生産・配送されるサービス。

Yokee Music:カラオケゲームやデジタル楽器のアプリを開発する企業。

Atmosphere:店舗内で再生するサウンドトラックを特注できるサービス。

DISCO:音楽をシェアする際の煩雑な手順を簡単にするサービス。

マーケティング及びアナリティクス

Soundcharts:ラジオ局でかかっている曲や人気のプレイリスト、チャート情報などをリアルタイムで深く分析してくれるサービス。

Rotor Videos:速くて簡単に、そして安くPVを制作できるサービス。

NPREX(The National Performing Rights Exchange):楽曲のライセンス売買を仲介するサービス。

The Bot Platform:ファンへの情報発信を行うためのメッセンジャーボット。

Instrumental:商品やブランドに最適なインフルエンサーを選んでくれるサービス。SNSスターを対象とした音楽レーベルも展開している。

体験型テクノロジー

Vinci Smart Headphones:イヤピースの外側に小さなスクリーンを搭載しAIを活用したヘッドフォン。現在はIndiegogoで先行予約を受け付け中。

SYOS:個人に合わせたマウスピースを3Dプリンターで作ってくれるサービス。

Pacemaker:誰でもマッシュアップ・アーティストやDJになれるアプリ。

TheWaveVR:ソーシャルサイト兼VRの音楽ライブを配信できるプラットフォーム。

ORB:360度動画やVR向けの没入感の高い音楽フォーマット。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE