Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Leadership issues: Millennials & Introvert/Ambivert/Extrovert Leaders


2. 言葉へのこだわり

次に印象に残ったことは、深く考えた巧みな言葉遣いにより、バフェットの返答がまるで宝石のように感じられたことだ。学生は事前にバフェットの経歴に関する本を読み、インタビューをいくつも見るなど、下準備を怠らなかった。ウォーレンは以前にも聞かれたものと同じ、あるいは似通った質問に対しても宝石のような美しい答えで返答し、信用できる人物だという印象を与えていた。

私たちの調査では、内向的な人は言葉にこだわりが強く、言い回しをめぐって葛藤する傾向にあることが分かっている。議論の際には、事前に周到な準備を行い、頭の中で答えを編集済みのため、その内容は非常に良いものになる。

私は比較的内向的な同僚のヘンリー・ミンツバーグと何度か本を共同執筆している。彼がマネジメント学者・ライターとして成功したのは、そもそも非常に頭の切れる人物で1960年代からマネジメントを勉強してきたことに加え、編集に編集を重ねる執筆方法に秘訣(ひけつ)がある。

言葉遣いにこだわる彼の文章は、大半のマネジメント専門家が書いたものよりも単純に質が良いのだ。外向的な性格の私は、最初こそ少しいら立ちを感じたものの、その成果を見て、文章を書くときはヘンリーやウォーレンのようになろうと心に決めた。2人が記憶に残る言葉を非常に多く残しているのも不思議ではない。言葉を練るのに相当の時間をかけているのだから。

3. 狭く深い関係作り

3番目に気づいたのは、ウォーレンが外向的な人のように全員と交流しようと考えず、少ない人数の中でのネットワーク形成に取り組んだことだ。これは内向的な人によく見られる。

各校の学生との写真撮影にとても快く応じた彼は、昼食のときには同じテーブルに座った6人の学生とのみ時間を過ごし、一度に話すのは1人か2人だった。バフェットはこの6人と深い会話を交わしたが、私が同じ人数の前で講演するときおそらくするように、テーブルからテーブルへと素早く移動していくことはなかった。

私は実際、全く知り合いのいないアイスランドで同様の人数を対象に講演した時、部屋中を移動して全てのテーブルの人と交流していた。だが先週のバフェットの行動を見て、より良いリーダーとして彼のように行動するべきだと思い直した。人と手短に話してつながるのではなく、中身のある深い会話をするのだ。この偉大な人物からまたもや学びを得た。

内向的な指導者からは、状況によってはそのとき必要とされるリーダーになるため、外向的な人のように振る舞う必要があると聞く。バフェットの行動を見ていると、この逆も同様なのだという考えが強くなった。私がより良きリーダーになるためには、時に内向的な人のように振舞うこと、バフェットの3つの行動に見習うことが必要なのだ。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい