PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover the intersection of business, health and public health.

Dean Drobot / shutterstock.com

配偶者やパートナーとの間に、お互いを「裏切らない」関係が確立していれば、または相手が浮気をしたことがあるかどうかを知っていれば、自分にとってはそれで十分だと考える人もいるかもしれない。

だが、先ごろ米国で行われた調査の結果から見ると、私たちにとってはそう考える以上に、パートナーが「一夜限りの性的な関係」を浮気と考えるかどうかを知っておくことが重要だといえそうだ。

米ディザレット・ニュース紙が調査会社Y2アナリティクスを通じて米市民1000人を対象に実施した調査によると、回答者の73%が「一晩限りの関係でも絶対に浮気」だと考えていることが分かった。つまり、残る23%はそう考えていないということだ。

約3割は「悪い人」?

この調査は、米国の人口における男女比や年齢構成を反映したサンプルを対象に、不貞行為に関する意見を聞いたもの。それに加え、一夫多妻制を認めるモルモン教徒250人にも同じ質問をした(不貞行為を認めるか否かではなく、不貞と考えられる行動やそれらに対する考えについて調査)。

「配偶者やパートナーが自分以外と性的関係を持った場合、それが一夜限りのことであっても浮気と考えるか?」という質問に対し、「絶対にそう考える」と答えた人は73%、「そう考える場合もある」が8%、「そう考えない」が19%だった。モルモン教徒の回答はこれらとは異なる結果となったものの、それでも「そう考えない」人は11%にとどまった。

男女別に見ると、男性の70%、女性の75%が、「絶対に浮気だと考える」と答えた。また、年齢別に見た場合では、「サイレントジェネレーション」の79%、「ベビーブーマー」の77%、「X世代」の68%、「ミレニアル世代」の69%が、同様に考えると回答した。

一方、この点に関する考え方に、宗教は大きく関係していないことも明らかになった。カトリック教徒の69%、キリスト教福音派の77%、特定の宗教を信仰していない人の74%が、一晩限りの関係を「絶対に浮気」だと答えている。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE