Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the business of marijuana.

Apichart Meesri / shutterstock.com

米マリスト大学とヤフーニュースが共同で実施した大麻に関する世論調査の結果、米国では子どもの大麻使用よりも、「喫煙が心配」と答える親の方が多いことが分かった。

子どもに関する最大の心配事として「喫煙」を挙げた人は回答者の24%。「大麻の使用」はそれに次ぐ2位で、21%が心配事だと答えた(「飲酒」と答えた人も21%)。大麻使用を心配する親の方が少なかったのは、米国民の過半数(52%)に使用の経験があるためだと見られている。

「親であること」の影響

子どもを持つ親の過半数(58%)は、「自分の子どもは親が嗜好用大麻を使うことに反対するだろう」と考えている。ただ、実際に大麻を使用している人に同じ質問をしたところ、答えはちょうど同数程度に二分された。

自分の子どもの前で大麻を使用する親については、79%が「あまり尊敬できない」と答えた。当然ながら、より高い行動規範が求められるのは著名人たちより「親」だ。自分が好きなセレブやアスリートが大麻を使用していれば尊敬の気持ちが減ると答えたのは、回答者の3分の1以下だった。また、半数以上の人が、医師や宗教指導者、教師が大麻を使用していると分かっても、その人たちに対する尊敬の程度は変わらないと述べた。

子どもに対する考え方

初めて大麻を使用した年齢について尋ねたところ、回答は平均で17歳だった。ただ、多くの人は自分の子どもについて、大麻を使用するかどうか判断するのは「少なくとも20歳になってから」と考えている。

子どもに医療用大麻を処方すべきかについては、親たちの意見は半々に分かれた。48%は「合法なら賛成」と回答したものの、44%は「反対」だと答えた。大麻の使用経験がある親に限って見ると、「合法なら賛成」と答えた人は69%に上った。

子どもに関する心配事としてはそのほか、性行動(17%)、テストでのカンニング(12%)を挙げた親が多かった。

法律を重視

米国人にとって最も重要であり、意見を左右するのは大麻の使用が「合法であるかどうか」ということだ。大麻が子どもに関する最大の心配事だと答えた人たちはその理由として、大麻そのものではなく法律の問題を指摘している。「違法」とされてきたことは、多くの米国人が持つ大麻のイメージに影響を及ぼしている。

医療用大麻の合法化を支持するとした人は83%に上った一方で、成人に嗜好用大麻の使用を認めるべきだと答えた人は49%だった。

また、回答者の43%は、「成人の嗜好用大麻の使用が合法であれば使用し、そのことを親しい友人に知られても構わない。友人も認めてくれる」と考えている。一方、既婚者の半数近くは、「合法でも自分の配偶者は使用を認めてくれないだろう」と答えた。

連邦政府(各州政府ではなく)が大麻を合法化すべきかと尋ねたところ、47%が現政権は医療用大麻の規制をオバマ前政権より「緩和すべきだ」との考えを示した。一方、嗜好用大麻については57%が、前政権と「同程度に厳格」な規制を維持すべきだと回答。さらに約30%が、「前政権以上に厳格化」すべきだと答えた。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE