Floral Deco / shutterstock

街で見かけた素敵なハンドメイド製品やインテリアをブログで紹介していたら、インテリア界で最も影響力のあるインフルエンサーに選ばれた──。

フォーブス初の「インフルエンサーランキング」で、RSS購読者数15万人を誇るインテリアとDIYのブログ「Design*Sponge」の主宰者グレース・ボニーがホーム部門で1位に輝いた。

現在35歳、ニューヨーク在住のボニーが同ブログを始めたのは2004年。当時、大学を卒業したばかりの彼女は、インテリア雑誌などの記事を書いて生計を立てながら、趣味のブログで商業誌が扱わないようなハンドメイド製品を紹介していた。

ハンドメイドやビンテージのインテリアは今でこそ人気だが、その頃はEtsyもDomino(インテリアの雑誌とECサイト)も存在せず、大手メディアで注目されることはほとんどなかった。そして数年後、旧来のメディアは不況や業界の変化に伴って次々に衰退していった。

「その中で常に一番人気を維持していたのがブログでした。ブログこそ、最も安定した媒体だと気づいたのです」と、ボニーは振り返る。「始めてから約13年。ブロガーとしては古い方です」

2017年3月時点で、ブログの1日の訪問者数は7万5000人。それに加えてツイッターのフォロワーが58万4000人、インスタグラムのフォロワーが84万7000人、ピンタレストのフォロワーが30万人、フェイスブックのファンが32万7000人いる。

2013年、ボニーはブログ上で同性愛者であることをカムアウトし、多くの読者の共感を呼んだ。同時に「Design*Sponge」も方向転換し、家具や建築などのモノから、それらを作り出す人にフォーカスするようになった。

著書は日本でも翻訳版が発売

2016年には、起業家からパン屋、コメディアン、タトゥーアーティスト、陶芸家まで様々な分野のクリエイティブな女性100人にインタビューした「In the Company of Women」を出版。日本でも翻訳された「世界の楽しいインテリア DESIGN*SPONGE at HOME」に続くボニーの2冊目の著書である同書は、NYタイムズ紙のベストセラーランキングに入る快挙を成し遂げた。また、同書から派生した雑誌も刊行される予定だ。

「Design*Sponge」が有名メディアになった今、ボニーは5~20人のライターを起用し、ブログ、ピンタレスト、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターそれぞれの読者層に向けたコンテンツを制作している。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO