PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

六本木に移転オープンしたDMMグループの新オフィス

WEBを通じて様々なコンテンツを提供しているDMMグループが3月6日、約15年間本社を構えていた恵比寿ガーデンプレイスを離れ、住友不動産六本木グランドタワーに移転した。

入居するのはオフィス棟内の23〜27階5フロア。デザイン・設計に携わったのは、「ウルトラテクノロジスト集団」と呼ばれるチームラボだ。

移転間もない3月某日、同社の野本巧チーフクリエイティブオフィサーにオフィスを案内いただいた。まずは、24階にある総合受付から会議室エリア、オープンスペースまで、話題のオフィスの内側を紹介する。

アートとグリーンで待つ人を退屈させないエントランス

野本巧(以下、野本):通常のオフィスだと、会社の看板を飾る壁が必要なんですが、その壁を作りたくなかったんです。せっかく窓があるので、外光を取り入れつつ何かしら演出できないかと考え、看板は外に設置しました。



ガラスに映る映像は、プロジェクターで投影しているのではなくてディスプレイです。液晶TVに使われている液晶フィルムを使っているので、エントランス側からは見えますが、反対側からは見えません。また、天井にあるセンサーで人物とディスプレイとの距離を感知しているので、人が近づくと避けるように映ります。



新しいオフィスは、森の中をイメージしていて、ここにある植物は全て自生しています。全部で256種類あり、弊社のパンフレットには会社のことは一切書いておらず、植物の解説が載っています(笑)。

エントランスをこのようなスタイルにしたのは2つの理由があって、1つは外光を取り入れたかったから。もう1つは、椅子を置かないスタンディング形式のウェイティングスペースにすることで、来客が多い時間帯でもスムーズにご案内ができるようにしたかったからです。

それでも立ったままで2〜3分お待たせしてしまう場合もあるので、その間リラックスしていただけるようグリーンを置き、退屈しないようにデジタルアートを設置しました。

個室ゾーンは遊び心いっぱいのジャングル

野本:受付に向かって右手側が会議室エリア。そして入ってすぐの部屋が「Anteater(アリクイ)」で、隣が「Bear(クマ)」。左側から時計回りで、それぞれ違う動物の名前がついています。ドアノブを全部取り払って、壁をフラットにしているので、どこに部屋があるかわからない状態にしているんです。

aaa

谷本(WEB編集長 谷本有香):わ、すごい!アミューズメントパークみたいですね!

野本:いえ、オフィスです(笑)。予約してある会議室に到着すると、動物の名前が表示され、身体についてる花が散ります。そして白く光ったところを押すと、ドアが開く仕組みになっています。



谷本:個室はいくつあるんですか?

野本:26個です。設計士がこの空間で通路と部屋を区切ったら26部屋になって、たまたまアルファベットの数と同じだったんです。

でも、「X(エックス)」ではじまる哺乳類は1種類もいなくて(笑)。ほとんどが昆虫と小鳥だったので、その中では大きいアフリカツメガエル(Xenopus laevis)になりました。カエルもちょっとご案内には向かないかなと思って、消防法でどうしても個室を作れないエリアがあったので、そこにスタンディングのテーブルを入れて「X」にしようということになりました。最終的には、25の個室と1スタンディングエリアですね。

インタビュー=谷本有香 構成・写真=筒井智子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE