PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about tech stocks and the startup economy.

Credit: Okta

テック系企業のIPO(新規上場)市場には今年、活気が戻ってきているようだ。2014~15年に上場を果たしたものの、その後は1年半近くにわたって資金調達に悩んできた企業の投資家たちにとっては特にうれしい話だ。

サンフランシスコに拠点を置くエンタープライズ系テクノロジー企業のOkta(オクタ)は4月7日、ハイテク株が中心のナスダック市場に上場した。IPO市場に活気が戻ることは、企業各社に自社のクラウドベースのソフトウェアを売り込みたいオクタのような企業にとっては、売上高の増加につながることでもある。

2009年創業のオクタが手掛けるのは、企業向けのID管理サービス。企業のコンピュータシステムへのアクセスについて、適切な人に適切なレベルのアクセスが与えられていることを確実にするものだ。同社の最大の投資家はベンチャー・キャピタルのセコイア・キャピタル。次いで株式の17%を保有するアンドレッセン・ホロウィッツとなっている。

ID管理サービスは今後、市場としての大幅な成長が見込まれている。オクタは自社のサービスについて、「顧客企業が人とテクノロジーを安全に、いつでもどこでも、どのデバイスによってでもつなぐことを可能にする、そのカテゴリーを明確に定義するプラットフォーム」だと説明する。

投資関連情報を提供するインベスターズ・ビジネス・デイリーによれば、ID管理サービスは、180億ドル(約2兆円)規模の市場になることが見込まれるという。ただ、オクタは現在のところ、急速に成長しつつも多額の資金を失うパターンから抜け出せていない。今年1月末までの通年の決算で、売上高は87%増の1億6030万ドルとなったものの、純損失は8350万ドルに上った。

それでも、投資家らは同社の現状に満足しているだろう。上場によって1億8700万ドルを調達した。当初は売り出し価格を1株当たり13ドル~15ドルとしていたが、上場時には同17ドルに設定。株価は初日の取引で38%上昇し、終値は23.50ドルとなった。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE