Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

科学技術の未来、文化について執筆

(Red Huber/Orlando Sentinel/TNS via Getty Images)

スペースXは3月30日、再利用したロケットを打ち上げ、通信衛星を軌道に投入することに民間企業として初めて成功した。今回使用した「ファルコン9」ロケットの1段目ロケットは、昨年4月に打ち上げて回収したものだ。ロケットは、通信衛星「SES-10」を軌道に乗せた後、スペースXのドローン船「Of Course I Still Love You(もちろんまだ君を愛してる)」に無事帰還した。

スペースXのCEO、イーロン・マスクは記者会見で、次のように述べている。「創業以来、15年に渡ってファルコン9の1段目ロケットを再利用することに取り組んできたが、ようやく実現することに成功した」

マスクがロケットの再利用にこだわる最大の理由は、莫大なロケット打ち上げコストの削減だ。1段目ロケットの費用は約3000万ドルで、打ち上げコストの中で最も大きな割合を占める。「私はスペースXのチームに対して、大量の札束が大気中を落下してきたら、燃える前に何とかしようと思うだろう? と常々言っている」とマスクは昨年6月に開催されたCode Conferenceで述べている。

Forecast Internationalのアナリスト、Bill Ostroveは、今回の成功によって、スペースXのコスト競争力がさらに強まったと指摘する。

「大方の予測では、ファルコン9を使ったペイロードの打ち上げ費用は30%削減される見通しだ。マスクが目指す火星でのコロニー建設を実現する上で、今回の成功は重要な進歩だ」

マスクは、打ち上げ後の記者会見で「再利用ロケットを使った打ち上げ費用は現状の6200万ドルよりも大幅に安くなる見込みだが、具体的な金額についてはまだ検討中だ。ただし、スペースXは開発費用を回収する必要があるため、打ち上げコストの削減額が全て価格に反映される訳ではない」と述べている。

宇宙フロンティア財団でVenture Strategy & Research部門のディレクターを務めるJeff Matthewsによると、今回の成功はロケット開発サイクルの大幅な短縮化につながるため、宇宙産業全体にとっても画期的な出来事だという。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE