PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Trefis.com helps you understand how a company's products, that you touch, read, or hear about everyday, impact its stock price.

napocska / Shutterstock.com

マクドナルドは米国の食料品店で、ビックマックソースの販売を開始しようとしている。ハンバーガー業界の専門メディア「バーガービジネス」は昨年9月、マクドナルドが「マックソース」の商標登録を出願したと報じた。今年1月に同社は1万本の「ビックマックスペシャルソース」を米国でプロモーションとして配布した。

また、昨年はオーストラリアで4000本のソースの試験販売も実施していた。マクドナルドはこのソースを本格的に展開しようとしている。同社はカナダ全土の食料品店で今春からビックマックやマックチキン、フィレオフィッシュのソースを販売するとアナウンスした。

これまでも有名レストランがオリジナルソースを販売する例はあったが、マクドナルドもその列に加わり、新たな収益を生み出そうとしている。同社はクラフト・ハインツと提携しこの事業に乗り出す。食品業界でソース部門は成長を続けており、今後大きな売上が期待できそうだ。

調査企業 Transparency Market Researchは、世界のソース市場では2020年まで年間3%以上の成長が続き、市場規模は240億ドルに達すると予測する。消費者のヘルシー志向や自然食品を選ぶ傾向が、マクドナルドの行く手を阻む可能性もあるが、世界中で起こる都市化の流れがこの成長を牽引している。

ソース市場では2014年の時点で米国が最大のマーケットであり、今後数年その状況は変わりそうにない。マクドナルドがこの分野に参入し、新たな収益を生むことは確実だ。ビックマックの人気やマクドナルドのブランド認知度を考えると、そのソースに対する需要はかなり高いと思われる。

オーストラリアでのソースの試験販売は成功を収め、カナダでも販売が開始される。各国での販売テストを経た後に、マクドナルドは米国でソースの販売を開始する。長期的に見ると、マクドナルドのソース販売開始は収益源を増やし企業価値を高めることになるだろう。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE