Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Photo by Daniel Boczarski / gettyimages

米国最大のストリーミング企業の一つ、iHeartRadioの登録会員数が1億人を突破した。1億人という数字は巨大なものに見えるが、これが「登録会員数」であることは見逃せない。

登録会員数というのはアカウントの作成件数を意味し、これがすなわち現在の利用者数を意味するものではない。既にサービスの利用を止めてしまったユーザーもここに含まれている可能性がある。iHeartRadioの担当者は月間アクティブユーザー数や有料会員数の詳細については明かしていない。

iHeartRadioはパンドラと同様に「ラジオ型」の音楽サービスとして始動し、楽曲を選べない無料の音楽聴取サービスから始まった。同社は昨年の12月からオンデマンド型の有料ストリーミング事業に参入し、「iHeartRadio All Access」とその簡易版の「Plus」を開設。料金はそれぞれ月額9.99ドルと4.99ドルとなっている。金額によってプレイリストの作成件数や聴ける楽曲に違いがある。

登録ユーザー数の点ではiHeartRadioは今やスポティファイに次ぐ規模になった。スポティファイは3月上旬に有料会員が5000万人を突破したと発表し、無料会員も含めた全会員数は昨年6月の時点で1億人を突破していた。スポティファイは現状の全体の会員数を発表していないが、これは恐らく彼らにとって発表に値する数字に達するのを待っているのだと推測できる。

パンドラも大きく引き離されている訳ではないが、ここに来て利用者数はゆるやかな減少傾向にある。パンドラが1億人を獲得するためにはかなりの時間を要すると見られている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい