Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

日本の経済、金融拠点・大手町の、複合ビルの上階には、時の流れと美しい四季の情景を封じ込めた、瀟洒なスイートホームが隠されている。専用エレベーターで22階へ向かい、エレベーターホールから、朝昼は陽の光が移ろい、夜には都市の灯と星が輝く静謐な気配に導かれ歩を進めると、最初に現代美術作家バク・ソンギの印象的な彫刻作品が私たちを迎える。

ここは、世界28カ国で上質なサービスレジデンスを展開するアスコット社の、最上級ブランドを戴く「アスコット丸の内東京」。海外での長期駐在や海外プロジェクトに忙しいビジネスパーソンなら、「アスコット」は周知のプレミアブランドだろう。アスコット社のサービスレジデンスは、世界の100を超える都市で52,000室以上を数える。

「アスコット」は、異文化が溶け合う国際ビジネス都市シンガポールに1987年に誕生し、サービスレジデンスの先駆者として、多様な背景を持つビジネスエグゼクティブやビジネスリーダーたちに、快適で安全で、洗練された時と空間を提供し続けてきた。その豊かさや価値を、私たちはようやく日本でも感じることができる。「アスコット」日本初上陸を待ち望んでいた外国人ビジネスパーソンも多いはずだ。

大開口に面して空中庭園が広がり、屋外のような開放感を湛えた天井高約7mのレセプションフロアには、ホテルのフロントのようなスタンディング式のカウンターやパーティションはなく、ゲストはアームチェアとデスクで滞在の手続きを行う。華飾や格式を排したモダンで端正なインテリア。パブリックエリアでは各所に配された美術作品が目を楽しませ、その奥に控えるレジデンスエリアでは、日本の四季をテーマにした各階の設えに、季節の自然の情景が宿り、ビジネス街の高層ビルの上階であることを忘れさせる。

サービスレジデンスをどう使いこなすか



上:リビング 下:ベッドルーム

レジデンスのドアを開けると、大手濠の水面と皇居の森、広い空と富士山、ビルが重なり合う都市の光景などを背景に、快適な暮らしに必要なスタイリッシュな家具が並ぶリビングが広がる。寝室はリビングやバスルーム、キッチンなどから独立して奥に配されていて、ここが、ベッドに集約されるような、宿泊のためだけの空間ではないことがわかるはずだ。ベッドルームでは、季節の風景を抽象的に捉えたフォトグラフィック作品が、天井の一部を覆っている。

多くの客室にはシステムキッチンや洗濯機、各種調理器具や食器一式が備えられていて、時にはテイクアウトの惣菜や食材を買い求め、自慢の料理を振る舞ったり、自分や家族のいつもの食事を楽しむこともできるだろう。格式にとらわれず、用途や機能に限定されないこの自由さは、異国に長期滞在するストレスを軽減してくれるかもしれない。

もちろん、ホテルと同じように高品質なデイリーハウスキーピングやランドリーサービス、ブレックファストも利用できる。また、ゲストには「アスコット・ラッフルズ・プレイス・シンガポール」同様、透明アクリルのユニークなエクササイズ用プールや、トレーニングジムを始めとする各施設も用意されている。

リビングのオープン窓から一望できる東京の景色

眼前に皇居東御苑の緑を望み、地下鉄5路線が乗り入れる大手町駅直結で、東京駅までは徒歩10分。ビジネスはもちろんレジャーにも絶好のロケーションの「アスコット丸の内東京」は、居住だけではなく、利用の目的でさまざまな価値が生まれる。住み慣れたわが家を離れ、日本企業のプロジェクトのために招聘された、長期駐在の海外のビジネスパーソンにとっては、ホテルより自由で、快適で、そして経済的かもしれない。

何より「アスコット」ブランドへの高い信頼性に、海外からのゲストも安心して滞在を楽しんでくれるはずだ。一方、短期の滞在目的では、家族親類を東京に招いた際のゲストハウスやレジャー拠点として、小さな子供がいてもわが家のように気兼ねなく利用できるし、都心で非日常とチルアウトを楽しむリトリートとして活用するシーンも考えられるだろう。

日本のメンズファッションの父で、稀代の企業家で趣味人でもあった石津謙介氏は、米寿の時に上梓した著書「人間的な」で、「旅」について次のように記している。

「あらゆる意味で、時間が自分の自由にならなければ、旅を楽しむのは無理である。そう、時間を自分のために自由に使うことこそが、『人間的な』贅沢なのである。」

ビジネスの「時間」と、家族や自分の時間を楽しむプライベートの「時間」は、流れる速度も密度も違う。「アスコット丸の内東京」では、その二つの時を、ゲスト自身が、誰にも邪魔されることなく自由自在に司ることができる。そこれがホテルともアパートメントとも違うサービスレジデンスの魅力だ。

東京滞在に「アスコット」という最上級のサービスレジデンスの選択肢が加わったことを喜びたい。


右上:プール 左上:レストラン 右下:ドレスルーム 左下:ジム

アスコット丸の内東京
住所:東京都千代田区大手町1-1-1(大手町パークビルディング22~29階)
電話:03-5208-2001
宿泊予約:0120-914-886/03-6757-0760(9:00〜19:00)
HP(日本語)http://ascott-j.com/
HP(英語)http://www.the-ascott.com

<施設概要>
レストラン、トレーニングジム、エクササイズ用プール、ラウンジ、授乳室、喫煙室、ミーティングルームなど
<客室タイプ>
・スタジオ:38平方メートル~|49室
・1ベッドルームデラックス:54平方メートル~|39室
・1ベッドルームエグゼクティブ:76平方メートル|25室
・1ベッドルームプレミア:91平方メートル|8室
・2ベッドルームデラックス:105平方メートル~|6室
・2ベッドルームエグゼクティブ:113平方メートル|2室
・丸の内スイート(3ベッドルーム):163平方メートル|1室

アスコット社(The Ascott Limited)
アスコット社はアジア最大規模の不動産会社「キャピタランド社」の完全子会社。シンガポールに本社を置き、国際的な基準を満たすサービスレジデンスのオーナーであり、運営を行う企業だ。5つのサービスレジデンスのブランド「アスコット」「サマセット」「シタディーン」「ザ・クレスト・コレクション」と「ライフ」を展開し、長期・短期滞在のいずれであっても快適に過ごせる、モダンで洗練された空間を提供してきた。現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、中東の主要都市を中心に、世界28カ国100都市以上で30,000室以上を運営し、計画・開発段階の22,000室を含めると合計300物件53,000室以上。1984年に、アジアにおけるサービスレジデンスの先駆けとなる「アスコット・シンガポール」をオープンし、現在に至るまで30年以上の事業実績を誇る。

Promoted by アスコットジャパン 文=橋場一男 写真=後藤秀二 編集=高城昭夫

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE