Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about tech and lead the Forbes tech team in San Francisco

Courtesy of AliveCor

シリコンバレーのモバイルヘルス企業「AliveCor」は、AIを活用して心疾患予防に革新をもたらそうとしている。同社が開発した99ドルの携帯心電計「カルディアモバイル(Kardia Mobile)」は、機械学習により心電図の異常を検知し、不整脈の早期発見や脳卒中の予防に役立つ。

AliveCorのCEOは、マイクロソフトとグーグルで要職を歴任したVic Gundotraだ。同社は3月16日、医師と患者を繋げるプラットフォーム「Kardia Pro」をリリースした。AIが心房細動などの心疾患を検知すると医師に知らせ、早期治療を可能にするという。

AliveCorはまた、オムロンヘルスケアやメイヨー・クリニック(Mayo Clinic)などから総額3000万ドル(約34億円)を調達したことも明らかにした。これで同社の累計調達額は4300万ドルを超えた。メイヨー・クリニックは、昨年AliveCorと業務提携を締結していた。Kardia Mobileは心臓専門医から高い評価を得ており、Kardia Proと組み合わせることで利便性がさらに向上することが期待されている。

「Kardia Proのリリースは、不整脈や脳卒中の早期発見につながる大きな進歩だ。将来的には他の心疾患の検知に役立てるとも可能だ」とシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターとUCLA医科大学院で教授を務めるRonald Karlsberg博士は述べている。

AliveCorは2010年に設立され、2015年にグーグルの幹部だったGundotraがCEOとして参画した。GundotraはGoogle+の立ち上げ責任者だったが、フェイスブックに対抗しようという試みが失敗に終わり、グーグルを退職していた。「我々の目標は、心疾患の発見・治療を変革し、全ての人に役立つサービスを提供することだ」とGundotraは話す。

アメリカ人の死因の1位は、男女ともに心臓病だ。疾病予防管理センターによると、アメリカでは毎年60万人もの人が心臓病で死亡しているという。これは、全ての癌の死者数を上回る。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE