世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


順風満帆のスタートに思えたDialpad Japan、直前の青天の霹靂

ソフトバンクでGoogleとのアライアンスを担当していた安達。クレイグとの出会いから、大きく運命の舵を切ることになるが、画期的なサービスを日本にただ持ち込むという役割では済まなかった。

「30歳という節目で何か挑戦しようと決めていたんです。恩師ともいうべきソフトバンクの宮内謙CEOにも快諾頂き、転職を決意しました。それで残務処理に追われていたとき、クレイグからメールが来たんです。“ストックマーケットが下落し投資家でもあるボードメンバーたちがナーバスになっている。自国に資本集中するのでしばらく日本進出は取りやめる”と。もう、目の前が真っ暗になりました。そして一旦はクビになったんです(笑)」

安達の凄いところは、そこからだ。普通なら、全てを諦めて投げ出してしまうところ。しかし彼はこう考えて、クレイグに提案した。“だったら米国Dialpadの資金を使わずに、こちらで調達すれば進出は可能か?”

それなら異存はないとの返答。すると安達は、何とソフトバンクにファンディングを願い出たのだ。
「時代は新しいコミュニケーションのやり方を求めています。数年後ではなく、今すぐこのパートナーシップで日本の働き方変革を加速したいんです」
そうした説得により、見事資金調達を実現。Dialpad Japanをスタートアップすることに成功した。だからクレイグとの関係も単なるカントリーマネジャーとは一線を画す。

「対等といったらおこがましいですが、何かを相談しても、“SGTM(Sounds Good To Me).Do The Right Thing”と返って来ます。“いいと思うならやればいい”と。そして私が悩んでいたりすると“Welcome to Startup CEO Life”といってからかうんです(笑)」

社則、ルールを一切撤廃。あるのはただ正しいことをすべき、ということ

“Do The Right Thing”、それはこの企業を貫くモットーにもなっている。同社には社則やルールは一切存在しない。


「会社にとって正しいことをする、それだけ。会社の銀行口座の残高やどんな優先順位で何にいくら投資していて、このままだといつお金が底をつくのかまで、社員全員が知っています。その上で、各々が判断し、最良の仕事をしていく。オフィスへの出社義務はありません。ただメールなどのテキストではなく、Dialpadで会話のコミュニケーションを密に取りつつ、チャットからオンラインミーティングまでをシームレスに行い、全社員が真のAnywhere Workerを体現しています」

◎米国本社に貼られているポスター。“Do The Right Thing”は会社のモットーだ。

グローバルでは「Uber」「Netflix」はじめ4万2,000社が利用、国内では「IDOM」「フジテック」「お金のデザイン」などの企業が“Dialpad for 050”を導入済みだ。

「さらについ先日、03、06などの固定電話番号が使える“Dialpad”をローンチしました。スタートアップだけでなく、あらゆる企業において場所を問わないフレキシブルな働き方が、これでさらに大きく広がるはずです。近い将来には、電話番号というもの自体がレガシーとなるでしょう。今は相手の都合を考えて連絡手段を選んでいますが、Dialpadによって、何も考えずに相手の都合の良いデバイスにさまざまな手段でコミュニケーションできるようになるのです。加えて、音声をデジタル化し、AIでの二次利用を進めることで劇的に仕事のやり方を変えられます。それが目指している世界です」


Dialpadは、G SuiteやOffice 365®などのアカウントでログインすれば、インターネットに接続したさまざまな端末(Windows®/macOS®/ChromeOSTM/iOS/AndroidTMなど)で、音声通話やビデオ通話、メッセージの送受信など多様なサービスを利用できるコミュニケーションツール。今回、新たに固定電話番号での発着信が可能となり、利用している固定電話番号をそのままDialpadでも利用できるようになった。

「Dialpad for 050」が4カ月無料に!
Dialpadが050番号での発着信が可能な音声通話サービス「Dialpadfor050」を4カ月無料で利用できるトライアルキャンペーンを実施。
対象◎G Suiteをご契約中でDialpadの利用を検討中のお客様
期間◎2017年4月3日〜9月30日

※開通月を1カ月目として4カ月目の末日までが無料対象。無料期間終了後は自動解約。※050番号で発信する音声通話には、ソフトバンクのIP電話サービス「IP-OneIPフォンBプラン『Dialpad』」特約への同意が必要。キャンペーンでは「IP-OneIPフォンBプラン『Dialpad』」も最大4カ月間無料で提供される。

▷詳細はこちらから
http://hello.dialpad.com/softbank

安達天資(あだち・てんし)◎1984年生まれ。Dialpad Japan代表取締役。2007年、ソフトバンクに入社。後半の5年間はGoogleとのアライアンスをはじめ、グローバルでのクラウドビジネスに携わる。16年2月、Dialpad,Inc.に入社。同年5月Dialpad Japanを設立し代表取締役就任。現在に至る。一般社団法人at Will Work理事。

Promoted by Dialpad Japan text by Ryoichi Shimizu photograph by Masahiro Miki edit by Akio Takashiro

あなたにおすすめ