Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about tech and lead the Forbes tech team in San Francisco

共同創業者でありCEOのジェフ・ローソン。中学時代にイベントのビデオ撮影と編集を請け負うビジネスを始めたという早熟ぶり。高校時代は週末だけで5000ドルを稼いだこともあったという。

いまやエアビーアンドビーやウーバーなど、“破壊的”なサービスにとって不可欠なTwilio(ツイリオ)。そのアプリを使えば、安く簡単に通信機能を埋め込めるとプログラマーに大人気だ。エントリーポイントを増やすことで世界的に広がっていく、新時代のビジネスモデルとは。


2011年10月、配車サービスのウーバーは、ある警告メールをユーザー宛てに送信した。同社のSMS(テキストメッセージ)機能を請け負うAir2Web社の都合により、SMSで車を手配するサービスが一時的に利用できなくなるという。

「SMSに返信する気がないわけじゃなくて、返信できないんです!」と訴えたそのメールには、Air2Webへの苛立ちがありありと見て取れた。

ジェフ・ローソン(39)も、そのメールを受け取ったユーザーの1人だった。彼は、クラウド上でのテキストや音声の通信を手がけるスタートアップ「ツイリオ」のCEOだ。

スタートアップの創業者といえば、自信たっぷりに大口を叩くイメージだが、ローソンはむしろ控えめで上品だ。そして、エンジニアとしての熱意と起業家としての規律を備えている。

ローソンはこのメールを千載一遇のチャンスと見ると、当時ウーバーの役員だった友人に、こんな短い一文を添えて転送した。

「頼むから、ツイリオを使ってみてくれよ」

それから1カ月もたたないうちに、ツイリオはウーバーのSMSを扱うようになっていた。今では世界のほとんどの地域で、ツイリオがウーバーのアプリ上のSMS、通知、音声通話などを担っている。

ツイリオは、いまや3万社の顧客を抱える。小さなソフトウェア会社から巨大企業まで顧客は多岐にわたり、ツイリオを通して10億台に及ぶデバイスが年間750億回の通信を行っているという。たとえば、出会い系サイト「マッチ・ドットコム」で自分の電話番号を公開せずに恋人を探せるのも、エアビーアンドビーが部屋の貸し手に通知を送れるのも、米赤十字社がボランティアを派遣できるのも、ツイリオのおかげだ。

最大の顧客であるメッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」は、ユーザーの認証にツイリオを使っている。また、オランダの大手銀行INGは先頃、世界各地のコールセンターから17種類のハードウェアとソフトウェアのシステムを撤去し、すべてツイリオで置き換えると発表したばかりだ。

ツイリオは16年6月、まだ利益を出していないにもかかわらず上場を果たしている。調達額は1億5000万ドル。株価は初日から公開価格の2倍近くに達し、約2カ月後にはさらに倍になった。時価総額は46億ドルとなり、知名度で勝るIT企業のボックス(17億ドル)、フィットビット(31億ドル)、イェルプ(30億ドル)などを凌駕している。

文=ミゲル・ヘルフト、翻訳=町田敦夫、写真=ティム・パネル

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE