Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブス ジャパン副編集長 兼 ウェブ編集長

アメリカ在住の精神科医 久賀谷亮氏

グーグルやフェイスブックなど世界の一流企業が取り入れているということでも話題になった「マインドフルネス」。マインドフルネスとは、科学的なの休息法であるといわれている。なぜここまでマインドフルネスがいま注目されるのか。また、効果的な脳の休め方はあるのか。

17万部のベストセラー「世界のエリートがやっている最高の休息法」の著者で、アメリカ在住の精神科医の久賀谷亮氏に聞いた。


私は本の中で「マインドフルネスは脳の休息法の総称」としていますが、世界中でマインドフルネスがブームとなっているのは、休みたくても休めない状態が続いているからでしょう。携帯文化も影響していると思います。

実際、脳を休めようと、意識的にぼんやりしていても、気づいたら雑念が頭の中を行き来していて心がさまよっていたりしませんか?私たちは、一日の大半をこの心がさまよった状態で過ごしていると言われています。

心がさまよっている時、脳はデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳回路が使われている状態で、DMNは脳のエネルギーの60~80%を消費するといわれます。これが脳が疲れる要因の1つになります。

休日に何もしないでいたのに、なんだか疲れがとれなかったという時も、このDMNの活動が活発だったからです。マインドフルネスは脳内のそうした活動を抑え、脳を休ませる手段なのです。

一方で、マインドフルネスは、疲れを取る「対症療法」ではなく、疲れに対する「予防」にもなります。マインドフルネスを継続すると自分で脳の「つくり」を変えていくことができるので、疲れづらい脳、ストレスに強い脳をつくれるようになると言われているのです。

しかし、マインドフルネスという言葉がブームになり、たくさんの方法が紹介されると、いったいどれがメインストリームなのかわからなくなりますよね。実際、どの方法がいいという優劣はなくて、大切なのは継続することです。

最初はマインドフルネス呼吸法だけをやり続けてもいい。その呼吸法も「こうでなければいけない」というものもありません。

マインドフルネスを実践した体感は人によって異なるようですが、私は、すごく頭がすっきりして、なんだか身体が心地良い感覚を感じました。それは実践してからすぐに体感したわけではなく、1か月程続けた時に、ふと、「そういえば、なんだか最近身体全体が軽いな」という感じでした。

自分はちゃんとできているのだろうか? と成果が気になるかもしれませんが、そうした「成否のジャッジをなしにしていく」ことがマインドフルネスなので、いつどんな効果が表れるかと楽しみにしながら続けていってほしいですね。

マインドフルネスでも瞑想の方法をいくつか使っていますが、いわゆる瞑想と違ってマインドフルネスがよりユニークなところは、とにかく「注意を向ける」ことです。それは、マインドフルネスの一番の本質でもあります。

私も初めてマインドフルネスに触れた時に、マインドフルネスの「注意を向ける」と、目の前の仕事に「注意を向ける」、つまり「集中する」ことの違いに疑問を持ったのですが、両者には明確な違いがあります。マインドフルネスはただ集中力を上げるものではなく、「集中をしているが同時にリラックスしている」というとても特殊な状態をつくります。スポーツ選手が世界記録を出す時などは、この状態にあるといわれています。

インタビュー=谷本有香、構成=栗原京子、撮影=藤井さおり

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい