平井 真(株式会社スタッフサービス東京オフィス事業本部 本部長)photograph by Shuji Goto

スタッフサービスが「無期雇用派遣」の仕組みを、大手派遣会社のなかで初めて本格的に事務職にも取り入れ(ミラエール)、新しい就業のカタチとして注目を集めている。同社東京オフィス事業本部・本部長の平井真にヒットの理由を聞いた。

「ミラエール」の名前の由来は「未来にエールを」です。営業職として出発した私自身が実際に経験してきたことでもありますが、現在の若年層にはさまざまな雇用課題が存在しています。新卒の3年離職、初職非正規率5人に2人、一度非正規雇用で採用されると正規雇用に戻りづらくなるなど、いずれも深刻な社会事象です。

例えば、シフト勤務で不規則なうえ立ち仕事のサービス業に従事している人のうち、本社の事務職として異動できるのはほんの一握り。また雇用形態がアルバイトだった場合、正社員登用への道は狭く、事務職への転職を志しても履歴書で落とされてしまうケースが多々あります。

成長意欲の高いポテンシャルを秘めた20代がキャリアを積みたいと考えても、日本にはサービス・販売職から事務職へ、もしくは非正規雇用から正規雇用へのキャリアラダーが社会システムとして存在していないのが実状でした。そして、派遣業界全体ではスタッフの平均年齢が約40歳と上昇傾向(10年前は約30歳)にあることも見てとれました。

「ミラエール」立ち上げ当時は、こうした外的環境を踏まえ、若年層に対して当社ができることはないかと模索をしていた時期でした。以前より慢性的な人手不足に陥っている技術者派遣領域(メーカーの研究・開発職など)では、当社は未経験人材を常用型派遣として採用し、クライアントにも伴走していただきながら3者で協力して育成・評価を行い戦力化を図るスキームがあり、業界3位(現在この領域では約5,400人が就業)という規模に成長した実績があったのです。

この育成・評価スキームが事務職派遣の常用型領域にも転用できるのではと考えていました。これら雇用の社会課題に直面している若年層のキャリアを支援できないか、その場限りの支援ではなく、例えば女性が将来子どもを産んだ後も希望する職種で働き続けることができるような、いわゆる“キャリア形成”が可能な仕事を提供できないか。そんな人たちのために「未来にエールを」という想いを込めて立ち上げたのが「ミラエール」だったのです。

事務職未経験の人材の成長意欲をどう醸成するか

「ミラエール」社員は20代が中心です。いわゆる「さとり世代」(初出は山岡拓著『欲しがらない若者たち』)の女性たちですね。

バブル崩壊後に生まれ不況しか知らずに育ってきたので、高望みをせず安定志向であると言われています。仕事には真面目に向き合いますが、持ち味ややる気が周囲に伝わりにくいように感じています。例えば転職活動の面接においてはライバルと比べて意志が弱いように見られてしまうケースも見受けられます。

当社では、採用時にSPI分析をすることによって彼女たちの潜在的な志向や価値観を明らかにし、クライアント企業との精度の高いマッチングを可能にしています。「ミラエール」は、当社スタッフサービスが予め雇用した人材を、当社と契約している企業に派遣するシステムです。

システムの特徴のひとつ目が「“無期雇用の”派遣社員としてクライアント企業で働く」ことです。派遣スタッフの働き方は、従来の「派遣社員」(登録型派遣)と同様、基本的には派遣先の職場のルールなどに従って派遣先の指示のもと働くことになります。しかし、スタッフはあくまで当社に無期雇用されている人材であるため、派遣期間が終了した後でも雇用が確保されます。

さらに、双方の希望が合致すれば、そのまま派遣先の企業の社員となる選択も用意されています。そのため、働く側は未経験ながらも安心して事務職としてのキャリアが形成でき、高いモチベーションをもって働けます。一方、クライアント企業側は、モチベーションの高い優秀な人材を戦力として迎え入れることができるのです。

「ミラエール」のもうひとつの特徴として、これまでの経験で蓄積された派遣スタッフの評価・育成スキームが挙げられます。基本的には約5,400人がメーカーの研究・開発職などの技術者として働くサービス領域で培ったノウハウを一部転用したものです。募集するスタッフの採用基準は、意欲があり、コミュニケーション能力が高いこと。前職は、販売職、飲食店などのサービス業の人材が多いですね。スキル重視ではなく、“キャリア支援”をセットしてから人材を派遣します。


 スタッフサービス調べ
事務職初心者が多いので、基本的なマナー研修として、コピー機の使い方から学ばせ、ビジネスメールの研修では、敬語の使い方など、研修担当が細かく添削します。また、OAスクールやマナー講座なども積極的に提供しています。就業後、首都圏エリアでは、キャリアカウンセラーと営業とのふたりがミラエール社員に伴走し、就業のフォローアップをします。企業としては、最終的に採用する可能性もあることを考えれば、育成をアウトソースしているとも言えるでしょう。

このようにミラエールをご利用いただいた結果、いま現在約100人のミラエール社員が派遣先企業での直接雇用に切り替わっています。


スタッフサービス調べ


事務職の無期雇用派遣のこれから

「ミラエール」は当社が、他社に先駆けて2014年に開始したサービスです。おかげさまでサービスのスタートからわずか2年半で約1,000社、約2,600人の派遣実績を達成することができました。働く側の意欲と雇用者側のニーズをうまくマッチングできたという達成感はありますね。

また、こうしたシステムを構築することで、女性たちの未来に向けて社会貢献できていることも、私たちの誇りです。今後は、このシステムを全国展開することで、キャリア形成支援を拡大し、働きたい意欲のある人が安心して働ける社会を実現したいと考えています。

スタッフサービス
http://www.staffservice.co.jp/

平井真(ひらい・まこと)◎株式会社スタッフサービス東京オフィス事業本部・本部長。2002年、スタッフサービスに入社。事務職派遣の営業職を経た後、技術者派遣のオフィス長を7年間務める。13年、技術者派遣領域のユニット長として近畿エリア全体を統括し、15年4月、事務職派遣部門の東京事業本部長に就任、現在に至る。

Promoted by スタッフサービス text by Rico Komanoya edit by Akio Takashiro

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO