Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

エディター、ライター

VACHERON CONSTANTIN「パトリモニー」

今世紀初頭からの時計ブームによって、わが国の男たちも様々なタイプの腕時計を身につけるようになった。ただその分、いい時計をしているんだけど“なんか変”な、バランスが悪い人が目立つようになったのも確かである。

やはり腕時計も服装に合わせて、さらにいえばTPOにあわせて使い分けることで、腕時計を活かし、さらに自分を引き立たせてくれることになる。ここでは、日常生活におけるシチュエーションを想定して、その状況に相応しい腕時計を選んでいきたい。

まずは、腕時計において唯一明確な基準があるとされているフォーマルシーン。われわれ民間人とって、遭遇するもっともフォーマルなドレスコードは「ブラックタイ」だろう。つまり、タキシードを着用するとても華やかな場面である。

この場合の腕時計は、ラウンドケースの薄型ドレスウォッチが必須である。それも2針モデルで、ケースの素材はプラチナもしくはホワイトゴールドといった白色系のプレシャスメタル。ダイヤルもホワイトが最適である。ストラップはブラックのレザーで、適度な艶感があるワニ革(アリゲーターもしくはクロコダイル)がいいだろう。

もともと英国などでは、紳士はアクセサリーを身につけない、というのが大原則だった。もちろん腕時計もそうだし、結婚指輪も男性で着けている人はいなかった。20世紀のはじめはまだ懐中時計の時代だったし、結婚指輪も第二次世界大戦中に戦地に赴く兵士が妻を想い身につけたことがきっかけとされている。日常にそれらが登場してから、それほど長い歴史があるわけではないのである。

そういった 経緯もあり、アクセサリーとされていた腕時計は控えめであることが重要なのである。

エレガントな薄型時計が好まれるのは、ドレスシャツに美しく収まるため。ワニ革などのレザーも薄く仕立てやすいからにほかならない。また、秒針を持たない2針も“時間を気にしない”ということをホストに示す作法でもあるのだ。

それから、ここに述べたフォーマルスタイルに相応しい薄型の腕時計が、とても製造の難しいものであることを付け加えておきたい。そして、それをラインナップしているブランドは数少なく、製造しているのは技術力に優れた、いわゆる高級ブランドと呼ばれるところに限られている。つまりそれは、そういったことを心得ている顧客を抱えているという、時計メーカーにとってのステイタスでもあるのだ。

日本は欧州ほどドレスコードに厳格ではないので、3針時計やステンレススチールのケースも選択肢に入れてもいいと思うが、欧米への出張や海外からの訪問も当たり前の時代でもあるので、どこに出ても恥ずかしくないフォーマルウォッチを1本持っておくことをぜひともお薦めしたい。

aa
VACHERON CONSTANTIN / パトリモニー

ダイヤル外周付近が緩やかに落とし込まれ、丸みを帯びたボンベイダイヤルと細身のバーインデックスを持ったエレガントなモデル。
[手巻き、18KWGケース、40㎜径、1,925,000円(※3月1日より2,000,000円、税抜)問:ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755]
a
A.LANGE & SOHNE / サクソニア・フラッハ
ダイヤルの構成要素がセンターの2本の時分針とバーインデックスだけで、外周のセコンドサークルもない、とてもシンプルなモデルである。[手巻き、18KWGケース、37㎜径、1,710,000円(税抜) 問:A.ランゲ&ゾーネ  03-4461-8080]
b
BREGUET / クラシック5157
ダイヤル中央部にクル・ド・パリ模様のギヨシェ装飾が施され、センターにはブレゲらしいブレゲ針。そして、インデックスはローマ数字という、優美なディテールが特徴。[自動巻き、18KWGケース、38mm径、2,030,000円(税抜)問:ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211 ]

編集=福留亮司

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE