Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブス ジャパン編集部 編集者

photograph by Kazuhiko Tawara

国内外累計5,000億円の運用経験を持つ気鋭の作家で、弊誌連載小説『バタフライ・ドクトリン─胡蝶の夢─』著者の波多野聖が贈る、「本物」になるための必読の書。

自分自身が選んだ道で「本物」になるには、「真のプロ」として生きていくには、絶対的な覚悟が必要です。書物を選ぶときも、売れているものが必ずしもよいものではないと心して、本物を見極めようとすることが、その人自身が本物になるために重要なことだと思うのです。

「情報の交換というのは、インサイダー情報のやり取りをすることじゃないんだ。互いの『切り口』を見せ合うことが本当の情報交換なんだぞ」

私のキャリアは1982年に入庫した農林中央金庫から始まるのですが、本店の資金証券部で、真に優秀な上司と出会う機会に恵まれました。冒頭の言葉は、彼から言われたことで、その後の私の人生を決めた重要な言葉です。

その後、野村投資顧問を経て、クレディ・スイス・日興アセットマネジメントの2社では累計5,000億円の資金を集め、運用しました。クレディ・スイス時代、200億円のファンドを4年間で欧州最大の日本株ファンドの2,200億円にしました。この成功を大きく支えたのは、自分自身の「切り口」を磨くための読書の経験でした。

私の基礎を作った様々な良書に出会ったのは30代前半の頃です。野村投資顧問に転職し、イギリスやアメリカの年金資金運用を担当しました。ネイティブの顧客向けに英語でプレゼンをし、JPモルガンやシュローダーとコンペで競うのです。悔しながら、当初は連戦連敗でした。

英語が下手なのがその理由だと思っていましたが、どうやらそうではない。自分の言葉で、自分の考えで話していないから響かないのではないか、と。もっと勉強しなければ、そもそも自分の切り口をもう一度きちんと深めなければ、と思ったのです。

その頃に出会ったのが、岩井克人の『ヴェニスの商人の資本論』であり、青木昌彦の『コーポレーションの進化多様性』です。私は、日本人の著作で読む経済の本は、この2人だけでよいとさえ思っています。そのぐらいこの2人は経済の本質、企業の本質というものを見事にとらえ、分析しています。

プロとしてお金を預かって運用するのが運用者の仕事ですが、自分なりに経済、企業を分析しなければならない。自分の切り口を作る必要に迫られている中で、切り口を明確に持った本でないと、何の意味も持たない。切り口を磨き物事を深く理解していく点では、小林秀雄、丸山眞男、埴谷雄高、清水幾太郎の著作も非常に役に立ちました。

また、私たちがこの国で、この国をベースにビジネスをしていく上で、「日本とは何か」「日本人とは何か」を考えていかなければならないのですが、網野善彦は本当のこの国の歴史を裏の部分から調べ上げたという意味で、非常に重要な人物と著作だと思います。

白洲正子の『いまなぜ青山二郎なのか』は、今はなき銀座の近藤書店という本屋で出会いましたが、深遠なる「美」そのものや「日本文化」への入り口となった1冊です。

次ページから挙げる12冊は、私の書棚からの一部の抜粋ですが、どれも私の人生に大きな影響を与えた書物です。皆さんもぜひ自身の切り口で「本物」を見極め、ビジネスのプロフェッショナルの道を究めて欲しいと思います。

岩坪文子、飛松紅葉=構成

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい