Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

左: エヴァン・スピーゲル 右: ロバート・マーフィー photo by D Dipasupil / gettyimages

消えるメッセージという奇妙なアイデアをメッセージングアプリに投入した「スナップチャット」は、二人の若き創業者たちに巨万の富をもたらした。

共同創業者のエヴァン・スピーゲルCEO(26)とロバート・マーフィーCTO(28)の2名はそれぞれ、22.4%のスナップ(スナップチャットの運営会社)株を保有している。同社は新規株式公開(IPO)に向けて2月2日、上場申請書類を提出した。スナップの評価額は180億ドル(約2兆円)で、フォーブスはスピーゲルとマーフィーの資産額をそれぞれ40億ドルと算定している。

この持ち株は2016年12月31日時点のものであり、制限付き株式や、上場に向けてのオプションは含んでいない。スナップの広報担当者は二人の持ち株についての言及を避けた。

上場目論見書によるとスピーゲルには、上場承認と同時に新たに3%の制限付き株式(RSU)が授与される。このオプションは彼が同社の上場に向けての意欲を高めるためのボーナスとして役員会の承認を受けていた。

スナップは上場により200億ドルから250億ドル(約2.8兆円)の時価総額に達すると見られ、共同創業者の二名の資産額も大幅な増加が見込まれる。制限付き株式3%を新たに得たスピーゲルの持ち株は25.4%になり、仮にスナップがIPOで評価額250億ドルを達成した場合、彼の資産額は63億5,000万ドル(7,150億円)に及ぶことになる。

フォーブスは以前、スピーゲルの持ち株を12%、マーフィーの持ち株を10%と推定していた。2016年の「フォーブス400」で26歳のスピーゲルは2年連続で、米国で最も若いビリオネアとなり、資産額は21億ドルとされていた。同時に28歳のマーフィーも「フォーブス400」に登場し、当時の資産額は18億ドルだった。

スピーゲルとマーフィーはそれぞれ44.3%の議決権をスナップ社で持っている。同社の株式は3つのカテゴリに分けられており、議決権を持たないクラスA株、1つの議決権が行使可能なB株、10の議決権を持つC株となっている。スピーゲルとマーフィーの2名はC株の全てを保有しており、IPO以前は同社の議決権の大半を握っている。目論見書には上場後の議決権に関する記述はない。

スピーゲルは2016年11月、ストライプの共同創業者のジョン・コリソンに「世界最年少のビリオネア起業家」のポジションを奪われていた。コリソンはスピーゲルと同じ26歳だが、スピーゲルよりも2ヶ月若い。ストライプは11月の資金調達で企業価値が92億ドル(約1兆円)に達していた。

スナップチャットとストライプの共同創業者らは、30歳未満で資産額10億ドルを突破した唯一の若手起業家たちだ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE