PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the intersection of fashion, business and technology.

M DOGAN / Shutterstock, Inc.

化粧品大手ロレアルがスタートアップの支援プログラムを始めると発表してから半年あまり。インキュベーター/アクセラレーターのファウンディング・ファクトリー(Founding Factory)も参加する、この試みに選ばれたスタートアップ企業らが明らかになった。

180社以上の候補から選ばれたのは、次の5社。いずれの事業も「パーソナライゼーション」が鍵と言えそうだ。

InsitUは、核医学の博士号を持つ女性科学者が創業したスキンケア用品のブランド。個々のユーザーの肌色、肌質、好みの香りや質感に合わせてカスタマイズした化粧水や美容液などをオンライン販売する。

Preemadonnnaは、ネイルアートのプリンター「NailBot」を販売するスタートアップ。ユーザーが専用アプリを使ってネイルアートのデザインを作成した後、連動するプリンターの台に指先を乗せると、そのアートが爪にプリントされる仕組みだ。

Cosmoseは、実店舗を主体とする小売などオフラインベースの企業に、位置特定技術を活用したオンラインマーケティングのツールを提供するデジタル広告会社。ポーランドの起業家が創業し、既にアジアでは成功を収めている。

Velezaは、美容に関心のある女性を対象としたコミュニティアプリ。レビューやレコメンド機能が充実しており、ユーザーは自分にぴったりなメイク用品を探すことが可能だ。

Tailifyは、ブランドとSNS上で影響力を持つ人々をつなぐインフルエンサー・マーケティングのプラットフォーム。ブランドとインフルエンサーが、専用アプリ上で報酬などの交渉を直接行うことができる。

これらの5社は6ヶ月にわたり、ファウンダーズ・ファクトリーの専任チームによる指導のもと、ロレアルの科学的ノウハウおよびマーケティング、リサーチ、イノベーション部門のバックアップを受けることになる。

最新テクノロジーを美容分野に

ファウンダーズ・ファクトリーは、ヘンリー・レーン・フォックスとブレント・ホバーマンが創業したテック系のインキュベーター/アクセラレーターで、ロンドンを拠点に世界的に展開している。ロレアルは2016年5月、同社に戦略的投資を行い、共同で初期段階のスタートアップ5社を支援すること、さらに2つの新規事業を立ち上げることを公表していた。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE